• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

競馬

keiba-0320.jpg
画像は「YouTube」より

 アベノミクスの影響で2万円が目前に迫った日経平均株価。120円を超える円安が続き、景気が上昇したという報道もあるが、相次ぐ商品の値上げや消費税の引き上げで、庶民の生活は現実的には苦しいままだ。

 そんな中、誰でも簡単に不労所得を得る方法を見つけたので紹介したい。それが、今“第4次ブーム”と言われる競馬だ。

 ハイセイコー、オグリキャップ、ディープインパクト…

 これらの名馬は競馬ファンでなくとも耳にしたことがあるだろう。競馬人気の陰には必ずその時代を代表する名馬の存在があった。しかし現在、意外にも誰もが知るような名馬の存在はない。それでも年々競馬の売上は上昇しており、JRA日本中央競馬会の売上は2011年以降3年連続でアップと、優良企業並みの成績を記録している。

 名馬が支える競馬人気は、その馬の引退とともに終焉を迎える傾向が強い。しかし名馬に影響されない人気は、競馬そのものが広く認知され、支持を得ていることを意味していると言えるだろう。現在JRAでは瑛太、有村架純、笑福亭鶴瓶が、地方競馬の大井競馬でも斎藤工、剛力彩芽といった著名芸能人がそれぞれイメージキャラクターとしてCMやイベントに登場しいることから、今後競馬はますます誰でも参加できるオープンなエンターテインメントとして、その影響力は大きくなるだろう。

 さらに馬券もスマホやインターネットを通じて外出中でも移動中でも購入でき、ネットバンキングやクレジットカードを利用して購入することも可能になったのだ。

 しかし、素人が馬券を当てる、儲けるなんて雲を掴むような話だ。馬も騎手も馬券の買い方もわからない中で、ビギナーズラックを頼りに馬券を買っても“お客さん”になるだけであり、安定した成績をおさめることは不可能に近い。

 そんな中、ある動画サイトで「この人達は馬券で生活しているんじゃないか」と思える投稿を見つけたので紹介したい。


■一瞬で91万円を獲得 馬券を当てた瞬間

 そもそも馬券を当てて生計を立てられることが可能なのか? もしそれが可能なら誰も働かなくなり、日本経済も年金問題も大問題となるのだが…。この動画の投稿者はいったい何者なのだろうか。

動画は「YouTube」より

 この動画は馬券を的中させて90万円強の払戻を獲得した「リアル投稿動画」で、タイトルは「12月1日 中山9R [馬単] 払戻金 910,700円」というもの。

 JRAのホームページを調べてみると、5番人気とブービー人気の馬で決着し910.7倍という好配当決着となったレースだ。この組み合わせを1,000円分購入し、91万700円の払い戻しを獲得した衝撃の映像である。

 レースが発走してからわずか10分ちょっとで投資金が90万円になるなんて夢のような話だが、これは毎週どこかの競馬場で起きている現実の話。

 この動画投稿元を探ると「暴露王」という競馬予想サイトに辿り着いた。万馬券専門予想サイトという触れ込みだが、そんな簡単に万馬券なんて的中できるのか?

 今回その暴露王に突撃取材を敢行し、競馬で儲けるための秘訣、そして今週行われる注目レース・第45回高松宮記念(G1)の展望について話を聞いた。


■当たる馬券を知る関係者の“本音”を引き出す/暴露王インタビュー

―― 暴露王さんはどんな会社ですか?

暴露王担当者 暴露王とは「1度でいいから万券を獲ってみたい」「万券を獲りたいけど獲れない」。お客様のそんなお悩みを解決するための、究極の穴情報サイトです。

 競馬マスコミには「トラックマン」と呼ばれる競馬記者は何百人といますが、ほとんどは会社の給料で食っているただの「サラリーマン」。惰性で調教時計を取り、担当の厩舎だけを回り、新聞用のコメントをせっせと書いているにすぎません。中には、馬券の買い方すら知らないというツワモノ(?)も存在するから驚きです(100%実話)。そんな人間が、レースの2日も前に決める予想を信じて、馬券を買うという行為がいかにお粗末なことなのか、おわかりいただけるでしょうか。

 暴露王は、そんな中でも選りすぐりの

「オレは取材バッチさえあれば給料なんかイラナイ」
「現場で馬券さえ買えれば食っていける」

 と豪語する『凄腕の現役トラックマン』だけと全面的に契約。むろん彼らは、担当厩舎などに縛られず、気になる馬がいれば厩舎に飛んでいき、新聞を配り、酒を交わし、厩務員や助手と友達になる術を知っている連中ばかりです。当然、騎手も友達なら、調教師の先生方とも気楽なスタンスで付き合える。まさに本音の中の本音に迫れる『究極のブンヤ(新聞屋)』なのです。「予想と馬券は違う」と公言する彼らが、馬券になるネタを提供してくれるのですから、これほど心強い味方はいないのです。

 まさに、今まで馬券で勝てなかった競馬ファンのための【最後の駆け込み寺】となっています。

――なるほど。それは凄いプロが集まっているのですね。最新の的中実績はいかがですか?

暴露王担当者 暴露王は毎年、年間300本の万券的中を公約として掲げておりますが、昨年も333本の万券的中を会員の皆様にお届けしました。今年も3月15日現在で60本。中には、弊社で『殿堂入り』と呼んでいる10万超えの万馬券も2本も含まれています(昨年は13本)。

2015年にお届け済みの万馬券(一部抜粋)

2/14東京10R 銀蹄ステークス
◎セイラ(14番人気)
3連単 13万3150円
3連複 3万3380円

1/17京都11R 大和ステークス
◎キクノストーム(9番人気)
3連単 10万6830円
3連複 1万2190円
馬 単 1万3500円


 上記はほんの一例にすぎませんが、ご覧いただければわかるとおり、1番人気からの提供はほとんどないんです。中には2ケタ人気の本命もザラ。決して予想では辿り着けない結論に辿り着ける情報力。そしてこの徹底したスタンスこそ、『究極の穴サイト』として10年以上続けてくることができた、暴露王の暴露王たる所以だと思っています。

 ちなみに、今年最初のG1レースである『第32回フェブラリーステークス』もキッチリ万馬券にて的中をお届けしています。

2/22東京11R 第32回フェブラリーステークス
◎ベストウォーリア(3番人気)
△コパノリッキー
○インカンテーション
3連単 1万2370円
3連複   3060円


――今週行われる高松宮記念の展望をお願いします。

暴露王担当者 コパノリッキーがフェブラリーステークスを勝ったまではよかったのですが、その後に骨折が判明。コパノリチャードも1番人気だった阪急杯でズッコケて、どうやら『ドクターコパ』オーナーの運気は下がり気味のようです(笑)。

 そんな冗談はさておいて、正直「強いのか弱いのか分からないG1馬」=コパノリチャードやミッキーアイルが人気になるようなレベルですから、ロードカナロアが引退した後の日本の短距離界は非常に軟弱で『核』となる存在が見当たりません。

 おかげで前哨戦もヌルいレースが多く(1200m戦とは思えないスローペースが頻発)、余計に強い馬が出てきにくい状況になっています。まず簡単には収まらないでしょうね。

 暴露王は人気にとらわれず、現場のプロが本物のネタ(情報)を届けてくれます。昨年も万馬券決着でしたが、今年も波乱含みですから、ここは万馬券に実績がある当社をぜひ参考にしていただきたいですね。


――ありがとうございました。

 年間333本もの万馬券を的中させる実力は、動画サイトにアップされた事実からも疑いようがない。その暴露王の万馬券予想を利用すれば、競馬初心者でも自分で予想せずに数十万円といった、驚くような払戻を手にすることができるかもしれないのが競馬だ。

 今週行われる高松宮記念は、競馬デビューするにもまさにうってつけの条件と言えるだろう。ぜひ暴露王の万馬券予想に注目していただきたい。

暴露王

関連キーワード