>  >  > 顔面を食い尽くされた人々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※3頁目に非常に刺激の強い画像を掲載しています。閲覧は自己責任でお願いします。

14595793928_cdda950fdb_z.jpg
画像は、Flickr/no known copyright restrictions

 以前、TOCANAで報じた記事「恐怖の人食いバクテリア『A群溶血性レンサ球菌』と闘う不屈のビッグダディ」を読者の方々は覚えておられるだろうか? その人食いバクテリアが最近、日本で急増中という話もあり、患者数は2006年頃から急激に増加し、2014年には273人にも達したという。


■「人食いバクテリア」とは?

 このバクテリアの主な病原体はA群溶血性レンサ球菌である。A群溶血性レンサ球菌はありふれたバクテリアで、人間の喉から検出される事も多く、子どもの風邪の半分以上の原因となっているという。通常、ペニシリンで簡単に治療できるが、傷口などから細菌が体に入るとまれに劇症化する。初期症状は手足の痛みや腫れ、発熱などだが、病気の進行は極めて速い。

 そして、細菌が急激に増殖すると、通常は細菌のいない筋肉や筋膜を壊死させたり、血流に乗って全身に回り多臓器不全などを引き起こすという(国立感染症研究所ウェブサイトより)。

 このバクテリアは1987年に米国で最初に報告され、日本における最初の患者は1992年に見つかった。その後、日本では毎年数百人の患者が確認されている。発症して数十時間以内にショック状態で死亡することもあり、致死率は30%の極めて危険な感染症である。劇症型溶血性レンサ球菌感染症は子どもから大人まで広範囲の年齢層に発症するが、特に30歳以上の大人に多いのがひとつの特徴と言われる。


コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?