>  >  > 警察が巨大UFOを誘導する衝撃動画!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 今月24日に「YouTube」で公開された1本の動画が、現在世界中のUFO愛好家たちの注目を集めている。というのも、米国・ネバダ州で、警察車両に誘導されながらトレーラー輸送されるUFOの姿が捉えられたようなのだ。しかも撮影場所が、あの「エリア51」付近の路上だったというのだから、これは一大事である! まずは早速、問題の動画をご覧いただこう。

動画は「YouTube」より

 それは、友人とドライブしていた撮影者がガソリンスタンドに立ち寄った時のことだった。交通量もまばらな夜の道路に、赤と青のランプを点滅させた数台の警察車両が現れる――と次の瞬間、その後方から巨大なトレーラーがやって来た。そして荷台に、巨大な円盤状の物体を載せているではないか!! 撮影者は、この決定的瞬間を携帯電話のカメラで収めることに成功した。

transportingUFO.jpg
画像は「YouTube」より

 1分35秒の短い動画だが、判明しているのは「ネバダ州の『エリア51』付近の路上で撮影された」ということのみ。しかし、この“「エリア51」付近で撮影された”という事実こそ、何よりも愛好家たちを唸らせているのだ。

Area51.jpg
画像は「Wikipedia」より

 ネバダ州南部の砂漠地帯に位置する「エリア51」と呼ばれる区画は、米空軍によって厳重に管理されており、極秘技術や最新兵器のテストが行われているという。米政府は長年「エリア51」の存在を公式に認めず、その付近で多数のUFOも目撃されているため、地球外生命体との関連を疑う人も多い。今回の映像について、「『エリア51』へと輸送されるUFOの姿である」と考える者がいるのも当然なのだ。

 しかし一方で、「これは米軍の最新鋭ドローン(無人航空機)ではないか」という興味深い説も唱えられているようだ。それによると、今回のUFOは、米国の軍需企業ノースロップ・グラマンの最新鋭ドローン「X-47B」に酷似しているという。ちなみに「X-47B」は、過去にもトレーラー輸送される光景が目撃されており、UFOではないかと周囲の人々を驚愕させてきた経緯がある。

輸送されるX-47B「YouTube」より

 果たして、トレーラーが輸送していた謎の円盤は、米軍に捕獲されたUFOなのか、はたまた最新兵器「X-47B」なのか、それとも……? 謎は深まるばかりである。
(編集部)


輸送されるX-47B「YouTube」より


参考:「Open Minds」、ほか

人気連載

“せむし男表現”をめぐる日本と欧米の温度差 ― 絶滅した「せむし男映画」の世界【後編】

※イメージ画像:『ヘルショック 戦慄の蘇生実験 デジタル・リ...

なぜ、せむし男は消えたのか? ― 絶滅した『せむし男映画』の世界【前編】

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。