>  >  > 【近親相姦】 実娘を“性の餌食”に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

近親相姦

ThinkstockPhotos-461082177.jpg

 香港大手紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(南華早報)は3月21日、17歳の娘を強姦し続け妊娠させた挙句、中国本土で人工妊娠中絶させようとした55歳の香港男性に対して、禁錮6年8ヶ月の判決が下ったと報じた。

 被告人は2013年10月21日、当時17歳だった実の娘X(被害者のプライバシーを守る法律に基づき、被告人も被害者も名前は非公開)を強姦し妊娠させたとのこと。さらに被告人は娘が妊娠したことを知ると、中国本土で人工中絶するよう強要。拒否したXは女児を出産し、裁判所が行ったDNA検査の結果、赤ん坊の生物学的な父親は被告人であることが証明された。

 裁判では、Xが長年にわたり実の父親である被告人から、毎晩のように性的虐待を受けていたと証言。熟睡しているところを狙っていたずらをしたそうで、「目を覚ますと、下着が脱がされ、パジャマのボタンが外され肌があらわになっていた。下着には何なのか分からない分泌物がねっとり付着していた」「身の危険を感じ、自分を守るために夜になっても寝ずに起きようと努力したり、簡単には脱がせられないようにとサイズのきつい下着や服を着たりした」など、心身ともに壮絶な日々を送っていたことが明かされた。

 香港高等法院の杜法官(裁判官)は、「被告人は実の娘を性の餌食にした破廉恥極まりない卑怯者」「我が子を保護する責務を怠り、強い信頼と絆で結ばれるべき親子関係を踏みにじったとんでもない案件だ」と厳しく非難。嫌がる娘を強姦し妊娠すると堕胎しろと命じた被告人を、「身勝手この上ない男」だと切り捨て、「本来ならば禁錮10年に処するところだが、近親相姦罪を認める答弁をしたことから刑期を三分の一減らすことになった」と説明した。

 裁判では、Xを強姦、妊娠させたことを知った被告人のもう1人の娘が、ショックのあまり自殺したことも明かされた。この娘はもともと精神疾患を患っていたが、死に追いやったのは被告人であるとXの弁護士は主張している。

 杜法官は、「被告人は刑を終え出所すれば自由になる。しかし、Xが被告人によりもたらされた精神的苦痛から解放される日が果たして来るのかは不確かだ」とし、被告人とは金輪際関わりたくないと訴えているXの心の傷が少しでもいえるようにと心理治療を受けるよう推進した。

 また、杜法官は法を作る立法者に対して「近親相姦で有罪となっても、最高禁錮14年しか処せないというのは軽すぎる。法を見直し、さらに重い刑罰を与えるべき」だと提言。本件の被告に対して、厳しい刑罰を与えたいのに、「禁錮14年以上与えられる法律がなく判例もないため不可能」だと憤りをあらわにした。

関連キーワード

コメント

2:匿名2015年4月 4日 23:11 | 返信

↑強姦より近親相姦自体が卑劣な行為みたいに書いてるよな

1:匿名2015年4月 2日 21:39 | 返信

近親相姦と強姦を一緒くたに論じてるのは違和感あるな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?