>  >  > グループや事務所の看板が邪魔な俳優?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

AKB48

,

ジャニーズ

,

吉沢ひかる

0330yajiyaji_main.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 メディアで活躍する芸能人は、芸能プロダクションなどに籍を置いて活動するケースが圧倒的だ。また、その中でもひとりで活動を行うタレントがいる一方、グループ活動に精を出す芸能人も多数存在する。

 彼らは事務所の看板やグループ名によって個人的な知名度を上げている芸能人も多いが、逆に事務所やグループなどの肩書きが個人にとってマイナスに作用しているパターンもあるという。そこで今回は、業界の各分野で活躍するスタッフにその辺りの事情を詳しく聞いてみた。

 そもそも、事務所の名前やグループ名などの肩書きが、個人活動を行うにあたってマイナスに作用するとは一体どういうことなのか。

「これは本来ならとても演技が上手な方であっても、『所詮はジャニーズだから』『所詮は○○のグループメンバーだから』などのように色眼鏡で見られてしまうケースです。おそらく個人で俳優業をしていたら、もっと評価されていたような人であっても、事務所の名前やグループへの所属で損をしている場合があるんです」(ドラマ関係者)

 具体的には、どのような人物のことを言っているのだろう。まずは、先ほどとは異なるドラマの現場で働くスタッフが、あのグループOGの名前を挙げた。

「大島優子さんですね。現在はグループを卒業し、女優業をメインとして活動していますが、時折『演技が下手』と話題になることがあります。ですが、実際はいわれるほど演技は下手ではないですし、上手い部類に入る女優だと思いますよ。この評価は、元AKB48という肩書きのせいではないかと思うことが多々あります」(ドラマスタッフ)

 彼女はAKB48への加入後、数多くの映画やドラマに出ているが、そもそもは子役出身のタレントだ。そのため、AKB48加入以前からドラマや映画には多数出演している。そういう意味では土台のある女優なのかもしれない。

 そして男性俳優に関しても有名アイドルの名前が挙がった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。