>  >  > 【閲覧注意】激おこ(?)人面ヒツジ誕生!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 現在、ロシア連邦ダゲスタン共和国の小さな村で誕生した1匹のヒツジが話題になっている。というのも、そのヒツジは人間のような目と鼻、そして口をもつ「人面ヒツジ」だったのだ!

動画は「YouTube」より

 3月30日、英紙「The Daily Mail」をはじめとする複数の海外メディアが報じたところによると、今回「人面ヒツジ」が生まれたのは、ブラシウス・ラヴレンチエフさん(45)の農場だ。自慢の雌ヒツジの出産を待ちわびていたラヴレンチエフさんだが、生まれた仔ヒツジの姿に大いにショックを受けたという。

LittleBeauty.jpg
画像は「YouTube」より

「今年の冬はとても生活が苦しかったので、ヒツジが妊娠していることに気づいた時は、とても嬉しかったですよ。売ってお金にすることができますからね」
「でも、初めて見た時に死ぬほど驚きました。なにしろ毛むくじゃらの爺さんのような顔が、私を見つめていたんですから」
「親はオスもメスも異常ありませんから、まったく原因は分かりません」(ラヴレンチエフさん)

「ぶぅぶぅ」と奇妙な鳴き声を上げる人面ヒツジは、その後、村民たちの注目の的に。

「こんなヒツジは見たことがない」
「孫たちが怖がっておる」
「キモかわいいかも」
「成長した時の姿も楽しみだ」

 と、さまざまな声が上がっているようだ。さらに噂を聞きつけたサーカスから、10件もの買い取りの申し出も寄せられているという。ラヴレンチエフさんは、「この子は小さな美人さんです。誰かの食卓に乗せるようなことはしない」と述べ、もうしばらく飼育を続けるつもりだと明かしている。

 さて、トカナでは過去にも様々な人面動物の話題をお届けしてきたが(参照:1234)、なぜこのような家畜が生まれてしまうのだろう。今回の人面ヒツジについて、地元の獣医は「ビタミンAを与えすぎた結果だ」と考えているようだが……。いずれにしても、大切に扱ってくれる飼い主のもとで、その命を十分に全うできるよう祈りたい。
(編集部)


参考:「The Daily Mail」、「The Daily Mirror」、ほか

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?