>  >  > “頭だけになった”魚が泳ぎ続ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

モルディブ

,

動物虐待

,

 現在、インド洋の島国・モルディブの海で撮影されたという1本の動画が、大きな話題を呼んでいる。まずは問題の動画をご覧いただこう。

動画は「YouTube」より

 胴体から尾ビレにかけての部分をごっそり失い、頭部と胸ビレ、そして背ビレと腹ビレだけになってしまった魚が海を泳いでいる!! 流れに抵抗するほどの力は残されていないようだが、それでも確かに体勢を保って前身しているではないか!

gutted.jpg
画像は「YouTube」より

 ちなみに動画の解説によると、これは漁師が(恐らく食事のために)魚の胴体部分を切り抜いた直後に確認された光景のようだ。すでに再生回数は100万回を越える大ヒット動画となっているが、世界のネットユーザーから寄せられるコメントには、魚が泳げる理由について考察する声だけではなく、

「このあと魚はどうなってしまったんだろう」
「どうしてこんな恐ろしいことができるの」
「本当に残酷だ」

など、これは虐待ではないかと非難する向きもある模様。過去にトカナでは、体を半分食べられた魚が必死で逃げる様子を捉えた動画も紹介したが、魚の強靭な生命力には、ただただ感服するほかない。
(編集部)

人気連載

奇習! 全裸で拘束されて晒される不貞の男女―おぞましき裸刑の実態

【日本奇習紀行シリーズ】 山梨県・某地方 ※イメージ画像:T...

意図を超えてやってくるものを意図的に働きかけるパラドクスとは? シュルレアリスト・瀧口修造が追い求めた「デカルコマニー」

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。