>  > 大手事務所所属なのに売れないオンナたち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
0406kasai_main.jpg
※イメージ画像:『河西智美ファースト写真集「灼けた?」』

 入れ替わりの激しい芸能界。先月まではテレビに引っ張りだこだったタレントの露出が激減することはよくあることだ。AKB48卒業組はその最たる例であり、中でも業界で今後が危ぶまれているのが河西智美だという。

「卒業後にソロデビューしましたが、鳴かず飛ばず。ブログに実姉を登場させるなどしていますが、大して話題にならずこのまま消えてしまいそうともっぱらのウワサです」(芸能ライター)

 しかし、河西が所属する芸能事務所は、最大手“ホリプロ”だ。そこまで心配しなくても良さそうなものだが…。

「大手事務所に所属しながら、露出が激減しているタレントですから、かなり危ないですよ。とくにホリプロは影響力はもちろんのこと、芸能界の総合商社という側面もありますからね。社内でも、部署が整備されており、専門知識を持つタレントを自由に動かすことができるため、タレントを番組にブッキングしやすいんです。そこまでできているにもかかわらず、テレビへの露出が少ないというのは、相当需要がないということですよ」(業界関係者)

 また同じホリプロの脊山麻理子も河西と同じ流れに乗りそうだという。ホリプロのマネージメント力を使い、グラビアデビューが成功し、その後もバラエティー番組出演への道筋をしっかりと作ってもらった。しかし、うまく対応することができなかったためか、露出が激減している。

「事務所の力添えでチャンスを与えられたものの、現在はほとんど露出ありません。事務所の後押しを受けても、消えていくタレントはどうしようもないですからね」(業界関係者)」

 単純に仕事が激減しているタレントたち。現状のままでは、このまま沈んでいってしまいそうだ。
(文=TV Journal編集部)

関連キーワード

コメント

3:匿名2015年4月 8日 21:00 | 返信

脊山は、それが半年先か1年先かはわからんけど、もうちょい平気だろうね。
まだロンハーに出して貰えてるし、何よりも過去にはSHELLYやホランがMCをやってた
MXの朝の情報番組の枠にレギュラー出演してるしね。
地方局だろうがショッピングモールのドサ回りだろうがパチンコ屋巡りだろうが、
河西と違って仕事があるんだから。

2:匿名2015年4月 7日 15:23 | 返信

「基板」ではなく「基盤」

1:匿名2015年4月 7日 15:04 | 返信

ホリプロはタレントより鉄道マニアのマネージャー南田がですきで不愉快だ!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。