• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

Clementine.jpg
胸がクレマンティーヌほど膨らみ......

 20歳で早世したフランスの小説家レイモン・ラディゲ。彼が実体験をもとに17歳で発表した小説『肉体の悪魔』は、第一次世界大戦へと出征している兵士の妻と恋愛関係を結んでしまう16歳の高校生の話である。

 小説の冒頭で、主人公は、戦争という異様な雰囲気が「僕」に大きな影響を及ぼしたと告白する。街から大人の男たちがいなくなってしまった環境が「僕」に早熟な体験をさせたのだと。

 ラディゲは、もちろん早熟な少年であったわけだが、それは精神的なもので、医学の見地からいえば肉体的に特に早熟だというわけではない。

4カ月の赤ちゃんの胸がオレンジほどに膨らんで

 医学的に異常な早熟は「思春期早発症」と呼ばれる。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。