>  >  > 宇宙人が潜む地下基地のマップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

KGB

,

地下

,

地底人

,

基地

,

宇宙人

,

遠野そら

 プーチン大統領も所属していたという旧ソ連の諜報機関「KGB」。他国への工作活動等かなり暗躍的な活動をしていたと思われる機関であるが、KGBはこれ以外にも宇宙人に関する情報の収集、保持も担当していたという。今回ご紹介するのはそのKGBが作成したとウワサされる1枚の世界地図である。白点が世界中に散らばっているこの地図は“宇宙人の基地を示す世界地図”だというのだ。噂はあれども、宇宙人が実際どこに潜伏しているのか大変気になっていた筆者は、この地図を元に宇宙人の基地をトカナ流に検証してみたいと思う。


■世界中に散らばる宇宙人の地下基地

 サイト「Before It's News」によると、この世界地図は様々な諜報業務やスパイ活動など暗躍的な活動をしていたKGBが宇宙人の基地を把握するため作成したものだという。この地図が示す場所には宇宙人が地下深く“拠点”として基地を作っているということだ。世界中に散らばる宇宙人の地下基地を日付変更線からロシア側と米国側で細かく掘り下げていこうと思う。

【ロシア側/トルコ・オーストラリア】

 まずロシアを始め広範囲に点在していることが分かる。国土の広いロシアには11カ所もの基地があるが、多数のUFOや宇宙人目撃で有名なバイカル湖付近のイルクーツクにも基地があるようである。他にハワイ島、地中海マルタ島、ボルネオ島などのリゾート地の他に観光地として有名なトルコ・カッパドキアにも地下基地があるということだ。

kgbmap1.JPG
地図上の白い点が「宇宙人基地」 (KGBマップをもとに筆者作成)
Derinkuyu_Underground_City_9843_Nevit_Enhancer.jpg
デリンクユ/Wikipediaより

 巨大な地底都市郡を抱えるカッパドキアでは現在、最大の地下都市「デリンクユ」などの地下施設が公開されているが、観光客が入れるのは地下20階あるとされるうちの8階までである。紀元前に作られたこれらの地下施設には400以上の都市が眠っていると考えられており、通気口、井戸、ゴミ処理場なども存在している。宇宙人がどのように暮らしているのかは不明だが、生活環境としては潜伏するには好都合ではなかろうか。

 実際にカッパドキア近辺では観光客むけに「UFO博物館」が作られるほど多数のUFOが目撃されているのだ。もしかしたら我々が観光しているその足元には恐ろしいほど広大な宇宙人の基地が広がっているのかもしれない。

 続いて南半球を見てみるとオーストラリアはエアーズロック付近にも基地があるようである。エアーズロックはオーストラリアの先住民・アボリジニ族の聖地であり宇宙人やUFOの壁画が残っていることで有名である。エアーズロック付近でも、UFOの目撃情報は後を絶たない。

関連キーワード

KGB

コメント

1:kitako2015年4月14日 19:06 | 返信

いつも楽しく拝見しております!
本日、KGBが地球上の宇宙人の基地を地図にしていたと言う記事をみてびっくり!
転記させていただきました!
写真も載せたので、もし、お嫌でしたら、記事は削除いたします。
記事上でも、管理人様の承認待ちで、もしかすると削除するかもしれない旨記載して、記事リンクをはらせていただいております。
勝手ですいません。もし、希望されない場合ご連絡いただければと思います。ご連絡無ければOkを頂いたと思って、そのまま掲載させていただきます。
勝手ですいません。
いつも楽しく見させていただいているので、つい、他の方にも知らせたくなります。
kitako
http://ameblo.jp/thyaiseru-nado/entry-12014278982.html

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。