>  > JKがナイフ片手に「殺!殺!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

knife-1.jpg
ナイフの訓練では、8つの基本動作を学ぶという

【日刊サイゾーより】

「シャーッ、シャーッ!」

 学校の校庭にJKたちの甲高い叫び声が響き渡る。よくある体育の授業の光景かと思いきや、ジャージ姿の彼女たちが手にしているのは、なんと小型ナイフ……。手が振り上げられるたびに、銀色の刃が鈍く光る。

 ここは、広東省恵州市にある高校の校庭。ただし、これは体育の授業ではなく、「軍訓」と呼ばれる軍事訓練だ。「シャーッ!」という掛け声は、漢字で書くと“殺!”。うら若き乙女たちが叫ぶには、あまりにも物騒な言葉だ。

「中国の高校や大学では、新入生たちは1学期の最初に、1週間から10日程度の軍事訓練を受ける。中国は9月が学校始めなので、軍事訓練が行われるのはまだ夏真っ盛りのころ。“毎年必ず、熱中症で死者が出る”というウワサが学生たちの間でまことしやかにささやかれるほど、現代のひ弱な若者にとってはつらい訓練だといわれています」と語るのは、上海に住むライターの光村晃司氏。

続きはこちらから

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。