>  >  > NASAの科学者「地球外生命体の発見は20年以内」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
indications.jpg

 この広い宇宙に、生命が宿る星は地球だけではないはずだ――そう信じていたとしても、人類と地球外生命体との出会いなど、まだまだ当分先の話と思っている人がほとんどではないだろうか? しかし、その認識は改めるべきかもしれない。なんとNASAの現役科学者が、「今後20年以内に地球外生命体を発見できるだろう」と語ったというのだ。

 CNNをはじめとする複数の米メディアが報じたところによると、この仰天発言が飛び出したのは、今月7日にワシントンD.C.で行われた公開討論の場だった。パネリストの1人として登壇したNASAの主席科学者エレン・ストファン博士は、次のように述べたという。

「今後10年以内に、地球外生命体の痕跡を見つけることができると信じています。さらに、その後10~20年で地球外生命体が存在する確たる証拠を得られるでしょう」

 そう、エレン・ストファン博士は、地球外生命体が存在することを前提として話を進めているのだ。討論には、他にもNASAの職員が複数参加していたが、地球外生命体に関する彼らの姿勢は、総じて「“いるか、いないか”ではなく、(発見が)“いつ”になるか」というものだったようだ。

 当日のテーマは、「宇宙に存在する水」について。NASAの科学者たちは、太陽系の複数の天体に生命の誕生と活動に欠かせない水が存在することを確信しており、もはや議論の中心は、太陽系内に地球外生命体が存在するか、という点だったという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。