>  >  > 美人女子大生が全身火傷で顔面崩壊!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

ODACHIN

,

事故

,

火傷

,

皮膚

,

自動車

,

飲酒運転

 飲酒運転――。このフレーズを聞いて、肯定的な反応をする人が一体何人いるだろう。記憶に新しい2006年、福岡市の職員が起こした飲酒運転事故により、3人の子供が命を落としたニュースは世間を震撼させ、その後の道交法改正と重罰化につながったほか、事故を起こした人間に対する社会的制裁も明確な基準(原則として即座に懲戒解雇・懲戒免職など)が設けられることとなった。それほど「飲酒運転」が危険で、全ての関係者の人生に影響するからである。

 しかし、ほとんど死んだに近い状況から無事生還を果たすも、体のパーツ、それも人として最も目に触れる顔を失ってしまうとどうなるのだろう。今回は、アメリカ・テキサスで起きた凄惨極まる飲酒運転による事故例から、惨劇とその後の一部始終をご紹介したい。


■友人の誕生日パーティからの帰りに起きた事故

drunkdriver1.JPG
事故前のジャクリーン・サブリドさん 画像は「YouTube」より

 事故が起きたのは1999年、いまからおよそ16年前のこと。友人の誕生日パーティからの帰路、6人の若者が乗った車が交通事故に遭い、うち2人がその場で死亡、1人は大ヤケドによる重症を負うという大事故だった。そしてこの、大ヤケドを負ったのがベネズエラ・カラカス出身で当時21歳の女の子、ジャクリーン・サブリドである。

 ベネズエラ出身の彼女は、父親が経営していた空調設備のビジネスを引き継ごうと、母国を離れテキサス大学オースティン校で機械工学を学ぶ女子学生だった。

 1999年9月19日の夜、ジャクリーンはテキサス州オースティンで行われていた友人の誕生日パーティに参加し、その数時間後、友人らと車で帰宅していた。運転していたのは当時18歳だったレジー・ステフィーで、彼もまたパーティで仲間と同じように飲んでいた。そう、飲酒運転である。

 事故が起きたのは明け方4時ころ、酔ったレジーが運転していたSUVはハンドル操作を誤り中央線を越え、しばらくの後に反対車線を走行していた車と衝突、まもなく炎上した。

 車に乗っていた友人のナタリアとゲレロは即死、ギルとダールは軽傷を負い、運転していたレジーは無事だった。しかしここで誰よりも酷い事態となったのがジャクリーンだった。衝突によってフロント部分がメチャメチャに大破した車の中で、シートに挟まれ身動きがとれなかったジャクリーンは、到着した救急隊の果敢な消火活動の中、なんと45秒間も炎にさらされ、全身の60%にもおよぶ広範囲に第三度熱傷(third degree burn)を負ったのだ。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年3月 8日 05:18 | 返信

この書き方だとジャクリーンがレジーの運転していた車に乗っていたように読めるんですけど?ジャクリーンが乗ってたのはナタリアが運転していた車で、その車に飲酒していたレジーの車が衝突しておきた事故ですよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?