>  >  > 殺害後に無残な遺体とセルフィーした16歳少年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

サイコパス

 一般人も有名人も大統領も、世界中の誰もが気軽にセルフィーする時代になった。セルフィーとは、プライベートな自分を自分で撮影する自撮り写真のことで、FacebookやTwitter、インスタグラムなどのSNSに投稿するのを目的にすることが多い。自分が気に入ったキメ顔を撮影することができるのも、人気の要因だろう。

 このように、スマートフォンの普及やSNSの浸透とともに定着したセルフィーは、実は意外なところで役立っている。犯罪者たちが、犯行の前後、そして最中にセルフィーしてSNSに投稿。それが証拠となり検挙、そして逮捕される事例が増えているのだ。


■17歳少年の場合

 ペンシルベニア州ピッツバーグの大型ショッピングセンターで、17歳のタロッド・ソーンヒルがライバル関係にあるギャングのメンバーと側にいた通行人2人を銃で撃つという事件が発生。タロッドは現場から逃走したが、犯人に違いないと密告され、警察は彼のSNSアカウントを調査。事件の数時間前、インスタグラムに投稿された自撮り写真での服装と、事件現場付近の警備カメラで撮影された犯人の服装と完全に一致したため逮捕された。


■セルフィーが引き金となり、逮捕された男たち

1428308111.jpg
画像は、「mandatory」より。セルフィーする犯罪者たち

 ほかにも、盗んだiPhoneで撮影したセルフィーが自動的に被害者のSNSに投稿されてしまい、逮捕された男。銀行強盗に使った武器を得意げに持ったセルフィーが動かぬ証拠となり逮捕された男。刑務所内で持ち込み禁止のiPhoneを使いセルフィーしてSNSに投稿し大幅に刑期が延びた男たちなど、あまりにも間抜けな爆笑ケースもある。犯罪者たちの自己顕示欲は、それほどまでに強いということなのだろう。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?