>  > 私語OK、スタバ併設「TSUTAYA図書館」論争

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

TSUTAYA図書館

,

平田宏利

tosyokan.jpg
画像は「武雄市図書館HP」より

 13年4月、佐賀県武雄市の図書館がTSUTAYAを運営する株式会社カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者となって2年が経過した。施設内にスターバックスコーヒーと蔦屋書店レンタルソフト店を併設し、立ち読みも会話も自由というスタイルが注目を集め、市外からも利用者が多いことから、この図書館には年間90万人以上が訪れる。しかし、新しい図書館として注目を集める一方で、様々な問題が指摘されている。

 まず、貸出に従来の図書利用カード発行のほかに、Tカードへの図書貸出機能の付与が行われていること。個人情報の取り扱いを巡って、登録に抵抗があるという声が多数ある。次に、書架の上段にズラリと並べられている本について。壁一面に置かれている本はダミーであり、まるでおしゃれなカフェがインテリアで洋書を並べるようなものだ。

 「まず、図書館であるにもかかわらず会話をすることが禁止されておらず、話し声がうるさいことから、勉強や調査や読書をしに来た利用者の妨げになっており、ただ人を集めればいいのかという議論がされています。また、開館に際して、新聞縮刷版など利用頻度の低い資料や、DVDが破棄されていたことが判明。図書館にある蔵書のレベルが低下するのではと懸念される『選書議論』が勃発しました。図書館に置かれる本のことを専門用語で『選書』と呼ぶのですが、利用者にあらゆる本が提供されるべきという意見と、一定の制限を設けるべきという意見が対立し、原則についての議論が続いている状況です」(図書館事情に詳しいフリーライター)

 選書をめぐっては、90年代に『完全自殺マニュアル』(太田出版)や、『タイ買春読本』(データハウス)の取り扱いについての議論が巻き起こった。前者には自殺の方法が詳細に記され、後者にはタイの風俗事情が記されている。どちらの情報も現在ならばインターネットで簡単に手に入るものであるが、当時はこのような情報を提供すべきかどうかに関して、議論が巻き起こったのだ。

 「結局、選書議論には明確な答えがないというのが結論なのです。これはいい本だから図書館に入れよう、という意見はある種の強要になってしまう。たとえば漫画は基本的には図書館に置かれていません。あるとしても小林よしのりの『ゴーマニズム宣言』や手塚治虫の諸作品、『はだしのゲン』などです。これらが選ばれて、ほかの漫画が選ばれないという明確な理由は実は存在していません」(前出・同)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。