>  > 角川春樹氏の知られざる宇宙人話!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

オカルタンカ

,

宇宙人

,

笹公人

連載:笹公人のワクワクするオカルタンカ~言霊念力トレーニング~

ThinkstockPhotos-87741594.jpg

 前回、星という題でオカルタンカを募集しましたが、「オカルタンカ」という場にしてはノーマルな作品が多かったように思います。

 もっと「金星人」とか「プレアデス星人」とかを詠んだ歌がたくさん来るかと思ったんですけどね(笑)。

 地球には、人間の姿をした宇宙人がたくさん潜んでいるというのがオカルト業界の常識らしいのですが、僕もいままでに、宇宙人あるいは宇宙人の魂を持った人間であると自覚している人と、8人くらい会ったことがあります。

 その筆頭は、あの角川春樹先生です。

 春樹先生は、僕の俳句の師匠でもありますが、お会いすると俳句の話よりも念力や宇宙人の話が多くなります。

 春樹先生は、子供の頃(戦時中)UFOを大編隊を目撃したり、また、UFOの中でリトル・グレイと対談したこともあるそうです。

リトル・グレイは灰色だと言われているが、本当はこんな色だ

 と言ってコップの中のウーロン茶を指差した時は、妙に説得力がありました。


■角川春樹氏の魂はどこの星が出身?

masakisensei.jpg
画像は、有限会社ライフ・フィールドより

「発明の神様」と呼ばれた故・政木和三さんのフーチパターンで、角川春樹の魂は過去にどの星にいたかを調査したという話は、雑誌『en-taxi』(2009年9月号/扶桑社「角川句会手帖」)の記事にもなっています。その時の僕とのやりとりを一部ご紹介します。

「(角川春樹はどこの星にいたか?) 答えは北極星だった。北極星って、こと座のベガとかこぐま座のポラリスとか、五千年周期くらいで変わるだろ。その全てに、イエスと出た。つまり俺は『時をかける少年』だよ」(角川)

「それ、映画化しましょうよ。観てみたいです。」(笹)

「うむ。」(角川)

 春樹少年がモデルの「時をかける少年」ぜひ観たいですよね!! もちろん、監督は、大林宣彦監督でお願いします!


■角川春樹氏の頭上だけ晴れる

var_20090411093604.jpg
左が笹公人、右が角川春樹先生

 吉野の別荘にご招待頂いた時も、いろいろな不思議現象が起きました。

 一緒に吉野の山を登った時、その日は曇り空だったのですが、二人の頭上だけ晴れていました。

「われわれの頭上だけ晴れてますね」(笹)

「あたりめえだろ! 天気くらいコントロールできねえでどうすんだ!!」(角川)

 天気をコントロールをできないことで叱られたのは、あとにも先にもこの時だけです。

 この時の話は、日本経済新聞の「交遊抄」(2009年5月23日)に書きました。

var_20090130093755.jpg
画像は、左から、辺見じゅん先生、笹公人、俵万智さん

 春樹先生のお姉様で歌人・ノンフィクション作家の故・辺見じゅん先生にもお世話になっていましたが、辺見先生の元側近によると、辺見先生も雨を降らせたり、止ませたり、天気をコントロールすることできたそうです。天気コントロール法は、角川一族が持つ神通力なのかもしれません。まさに「リアル念力家族」ですね。(※僕の短歌が原作のNHKドラマ「念力家族」絶賛放送中です。ぜひご覧ください!)

 春樹先生も辺見先生も『念力家族』を気に入ってくださっていましたが、もしかしたら、在りし日の角川家の風景が描かれていて、懐かしかったのかもしれません。

 ちなみに、不思議なご縁で、春樹先生や辺見先生も暮らしていた「角川庭園」で、毎月1回平日の昼、短歌教室をやらせて頂いてます。ご興味のある方はぜひメールをください。


 ということで、今回の短歌入選作品の発表です!!

〈課題【星】〉

●特選
完璧な闇がそこにはあるという星の墓場で眠る星々 (まぬがれてみちお)
<笹先生のコメント>
たしかに「星の墓場」以上に完璧な闇はないでしょう。何億光年輝く星にも寿命があると教えてくれたのは この歌でした。
…って俺は山口百恵か!(「さよならの向こう側」)「誘われてフラメンコ」(郷ひろみ)的なペンネームもいいですね。

●秀逸
ちょっとお洒落かもしれないねとか言っていびつな星に植えるゼニゴケ(むぎたうろす)
<笹先生のコメント>
宇宙飛行士のいたずらでしょうか。生態系を揺るがしてしまうかもしれないので、そういう行為はやめてほしいですね。SF短歌ともいえそうです。

●佳作
ひと夏の苦き想いは星砂と 硝子の瓶に封入されし(ふじたま)
<笹先生のコメント>
オーソドックスな良さを感じる歌です。思わずメロディーをつけたくなります。AORが似合いそうです。

還暦を過ぎていながら目に炎血圧図る星飛雄馬(いとうのりぴー)
<笹先生のコメント>
星飛雄馬の歌はいくつかありましたが、この歌がいちばんおもしろかったです。

当ててみて私の星座は何がめ座? 我を見据えし合コンの女性(中山一朗)
<笹先生のコメント>
ほんとうにそんな女(スケ)がいるんでしょうか……。


 さてさて、次の題は、「都市伝説」です!

〈次回の課題【都市伝説】〉

present.jpg


■笹先生の見本短歌

テレビにも読書にも飽きた。乗りたいぜ、砂漠を走るロールスロイスに

置き忘れの口紅ひとつ 岐阜県の山奥に老いる口裂け女

呼ばれたら答えるだけの花子さん 暗闇だけを友だちにして

sasako.jpg

笹 公人(ささ・きみひと) プロフィール
1975年東京生まれ。歌人。「未来」選者。現代歌人協会理事。大正大学客員准教授。文化学院講師。NHK学園講師。歌集に『念力家族』『念力図鑑』『抒情の奇妙な冒険』。他に『念力姫』『笹公人の念力短歌トレーニング』、絵本『ヘンなあさ』(本秀康・絵)、和田誠氏と共著 『連句遊戯』、朱川湊人氏との共著 『遊星ハグルマ装置』、編著に『王仁三郎歌集』(出口王仁三郎・著)などがある。「サイゾー」にて、「念力事報」(写真・江森康之)を連載中! 現在放送中のNHK Eテレドラマ「念力家族」原作者。

・公式HPはコチラ→http://www.uchu-young.net/sasa/index.html


【オカルタンカ 募集!】

 以下のリンクより、応募フォームに必要事項(ペンネームと短歌、賞品を狙う方はメールアドレス)をご記入の上、ご送信下さい。たくさんのご応募お待ちしております!

※応募〆切:4月23日

present.jpg

(上のボタンと同じものです)

関連キーワード

コメント

1:匿名2015年4月20日 10:55 | 返信

「辺見じゅん先生、笹公人、俵万智さん」の三人が並んでいる写真。
俵万智さんの左手が不自然に切れているように見えるのは気のせい?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。