>  > 動画投稿サイトで自殺中継をする人が急増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

――エロ・グロ・ビザール・放送禁止……一般的なメディアでは掲載できない、されないジャンル専門のアンダーグラウンドカルチャーを追及する「モダン・フリークス」編集長・福田氏が選ぶ本当にヤバイ映像シリーズ!!

【放送禁止映像 自殺のインターネット中継(前編)】

 個人が携帯で撮った独裁者たちの処刑映像が一両日に世界中の公式ニュース映像として出回るほどに、我々の生活に密着したインターネット計画。

 動画投稿サイトYouTube、インターネット中継サイトUstreamに代表されるように、動画が“観るもの”から“参加するもの”、“発信するもの”へと変わり始めた今。静かに定着しつつある《自殺のインターネット中継》。

 この新たな社会現象を象徴する事例をみてゆこう。

■中国のネットアイドルが焼身自殺をInstagramで中継

COMPLEX0417.jpg
画像は、自殺した少女をを伝える「COMPLEX」記事から

 14年、世界に向けて、名もない女性の死が、“曖昧に”伝えられた。

 というのも、そのニュースは、写真投稿サイトInstagramの中だけで中継され、完結したものだったからだ。女性の本名は誰も知らず、中国に住むアカウント名「jojotsai1012」というネットアイドルのような存在の人物だった。彼女は死ぬ直前に自らを裏切った交際相手の男性の持ち物とされるものをベッドの上で燃やした写真を投稿。

jisatsutyuukei_tyuugoku.jpg
画像は、自殺する前にインスタグラムにアップされた画像を掲載した「COMPLEX」記事から

 そして、高層マンションのベランダか窓枠に腰掛けた自らの太腿の写真を投稿した後、もう一度燃え盛るベッドの写真を投稿して以来、二度と投稿をすることがなかった。果たして、この投稿が意味するのは彼女の自殺なのだろうか。ネットには彼女の自殺した画像が出回り、同じマンションの同居人は、その死を確かなものだと発言している。しかし、なんとも“曖昧な”死のニュースなのだろうか。


■日本の女子中学生が飛び降り自殺をFC2ライブで中継

jisatsutyuukei2.jpg
画像は、イメージ。credit:m a n d o l i n - Quality HDR Photography/from Flickr CC BY 2.0から

 日本では13年の11月24日に、滋賀県に住む14歳の女子中学生が飛び降り自殺をした。このニュースが他の自殺と少しだけ異なって伝わったのは、彼女がその一部始終をネット中継していたとされるからだ。FC2ライブで中継していたというその動画は、現在もネットで出回っている。少女は生前、ネット上で「伝説になるんです」と発言していたようだが、これといった深い死因は明らかにされていない。家族との不和などとも推測されているが、果たして、死ぬ価値のあるものだったかは微妙なところだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?