• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 オスとして生まれてきた世の男性は、自身のアイデンティティを象徴する「ペニスのサイズ」について、本能的に、一度は思考を巡らせたことがあるはずである。先細りだが長さには自信がある、若干短めだが太さについては誇りを持っている、サイズ形状ともに自信があるが持続力には不満を持っている、サイズはこじんまりしているが固さや持続力には自信がある、全てにおいてパーフェクトなイチモツで何の不満もない、などなど……。男性の誰しもが持つ「ペニス論」について、オーストラリアのニューサウスウェールズ大学の教材動画シリーズ「How Did We Get Here?(私たちはどのように進化してきたか?)」が生物進化論の視点から、今まで公の場で議論されることのなかった「ペニス論」に新たな一石を投じる(?)興味深い研究を発表した。


■セックスに対するハードルの高さがペニスのサイズと比例している!?

largepenis1.JPG
ダレン・カーノー教授 画像は「YouTube」より

 世界でも指折りの名門校大学、ニューサウスウェールズ大学が「YouTube」上で展開する「UNSWTV」のひとつのシリーズ「How Did We Get Here?」は、生物進化論についてのコンテンツとして発信されている。シリーズの最新版として発表された「Dangly Bits(ブラブラ垂れ下がる性器)」は進化論から考えたペニスサイズの発展についてまとめられており、動画の中で持論を展開する進化生物学教授のダレン・カーノー氏によると、人類は長年の進化の過程を経て現在、霊長類最大のペニスを保有しているとのことだ。そして、同じ霊長類のチンパンジーやゴリラとのペニスのサイズを社会的に比較し、いかに人類のペニスが霊長類最大にまでなり得たか、またそこに至るまでにはどのような要因があるのかを分析している。

 カーノー教授によるとそれぞれの種が、違ったペニスサイズを持つようになった主な要因として「オスがメスを妊娠させるために、必然的に生まれてくるライバル同士の競争」が関係しているという。カーノー氏いわく「驚くことに、ペニスのサイズ――特に睾丸のサイズは、どのようにその種が社会的に(性的に)組織されているかということに強く関係している」とのことだ。


■チンパンジーとゴリラのペニスのサイズについて

largepenis2.JPG
ミドルサイズのペニスを持つチンパンジー 画像は「YouTube」より

 カーノー教授は続ける。

「たとえばチンパンジーの場合は、霊長類の中ではミドルサイズのペニスを持っているんだけど、人間よりはるかに大きい睾丸を持っているんだ。それはなぜか? 血気盛んなオスたちの間で起こる精子レベルでの競争が関係しているからだ。チンパンジーのメスは不特定多数のオスとの交尾に対して、寛容な考えを持っているためで、つまりそれは種としてさらにハイクオリティな精子を授かるチャンスを最大限に広げられることになる。そうするとオスたちは他のオスよりも、より強くてより多くの量の精子を作り出さなくてはならない。そのため自然とチンパンジーの睾丸は大きく成長していったのだ」

 それでは類人猿の中で最大の体格を持つゴリラのペニスはどうだろう? 意外なことにゴリラのペニスサイズは、睾丸ともにチンパンジーよりも小さい。ゴリラは基本的に小さなグループを形成して生活しており、そのグループには1匹のオスのみが割り当てられている。その1匹のオスがグループ内の全てのメスと交尾をするため、ゴリラは子孫を残すための競争に関わる必要がなく、精子も必要以上に作り出さなくてよい。そのような環境がゴリラのペニスと睾丸のサイズの進化を止めてしまったとカーノー氏は分析している。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。