>  >  > 手足が4本ずつの赤ん坊が誕生!=インド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
HinduGod.jpg
画像は「YouTube」より

 現在、インドの小さな村に「神が降臨した」として人々から崇められている赤ん坊がいる。というのも、その赤ん坊は4本の腕と4本の足を持ち、ヒンドゥー教の神である「ガネーシャ」に瓜二つだったようなのだ。

 今月23日、英国の複数メディアが伝えたところによると、話題の赤ん坊はDumri-Isriという村で生まれた。まだ名前すらない、生まれて間もない男の子だが、誕生日や健康状態など詳しいことは報じられていない。

 しかし、噂を聞きつけ「再来したガネーシャの姿をひと目拝みたい」とする熱心なヒンドゥー教徒たち数千人が、一気に村へと押しかける事態へと発展し、地元は祝祭ムードで大騒ぎとなっている模様。約120km離れた場所からやってきた男性(72)は、地元メディアの取材に対して、次のように答えている。

「最初写真を見た時、加工された画像だろうと思いましたよ。でも友人が実際に現地で赤ん坊に会って確認してきたため、現実なのだと確信し、私もすぐに会いに行くことにしました」

HinduGod_2.jpg
画像は「YouTube」より

 ちなみに、ガネーシャとはヒンドゥー教の神々の中でも最も有名なシンボル的存在であり、その姿はゾウの頭部、そして4本の腕と4本の足を持つとされる。

 写真を見る限り、今回の赤ん坊は結合双生児である可能性が高そうだ。トカナでは、これまでもインドで誕生した結合双生児の話題を複数回お伝えしてきたが(参考:12)、どのケースも、同様に新生児がヒンドゥー教の神に例えられ、人々から崇められていた。信仰の深さには感心するが、果たして周囲の大人たちは、赤ん坊の今後の人生と幸せを真剣に考えているのか、疑問に感じざるを得ない。
(編集部)


参考:「The Daily Mirror」、ほか

コメント

2:匿名2016年3月12日 21:23 | 返信

インドって狂ってるよね

1:匿2015年12月11日 00:10 | 返信

すべてを神にこじつける気楽さよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?