>  >  >  DNA鑑定で切り裂きジャックの正体が判明!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

jacktheripper.jpg
 

ラッセル・エドワーズが上梓した「Naming Jack the Ripper(邦題『切り裂きジャック 127年目の真実』角川書店)」ではDNA鑑定によって犯人を特定!?

  127年前のロンドンの下町、イースト・エンドのホワイトチャペル地区。シリアルキラー(連続殺人犯)が闇夜に乗じて徘徊し、1888年8月31日から11月9日の約2ヶ月間に、娼婦5人が次々と切り刻まれた。ロンドン市民を震え上がらせた、「切り裂きジャック」による連続猟奇殺人事件だ。

 最初の被害者は、メアリー・アン・ニコルズ42歳。首を絞められ、メスのような鋭利な刃物で喉を2度切り裂かれる。みぞおちから足の付け根まで切り刻まれ、性器にも損傷を受けた。

 5件の殺害は、常に公共の場か、それに近い場所での凶行だった。犯人は、死体を解体し内臓を摘出。部位ごとにまとめて現場に置いたり、一部を持ち帰った。事件はいずれも未解決で迷宮入りで、署名入りの犯行予告を新聞社に送りつけるなど、劇場型犯罪の走りとなった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。