>  >  > 【閲覧注意】「牛の解体」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
関連キーワード:

仲田しんじ

,

屠殺

,

屠畜

,

,

【2ページ目以降の閲覧は、自己責任でお願いします】

 屠殺、解体作業――。それは動物の肉を食糧にするために古来から人類の文化の中で継承されてきた技法である。屠殺はこれまであまり社会の表側で取り上げられ難い生業であったことは否めないが、今日到来したネット社会の中にあっては、屠殺とそれに続く食肉解体作業の模様もまた容易に垣間見ることができるようになった。家畜の屠殺、解体作業の模様を収めた動画は「YouTube」にも多く投稿されているが、その中でも、プロフェッショナルによる一連の作業を詳細に見せてくれるのが、今回紹介する動画だ。場所はニュージーランドのハウラキプレインズにある畜産牧場だ。もちろんのこと、とてもショッキングな映像なので、くれぐれも自己責任で閲覧していただきたい。

関連キーワード

コメント

7:匿名2017年5月24日 00:32 | 返信

日本人だけど、辞めても困らないから捕鯨はやらなくていいと思う。わざわざ世界中から反対されて高い税金を使って捕鯨するメリットは私たちにある?デメリットしかない。

6:匿名2016年10月 3日 00:09 | 返信

頭打った瞬間は「かわいいなぁ」ドンッ!「うそん、かわいそう」ってなったけど、頭とった瞬間から可愛い生き物が肉の塊に見えて来るのは不思議な感じ。

5:匿名2016年4月 1日 01:55 | 返信

ベジタリアンに罪はないと思う。捕鯨に反対するのも構わないと思う。
ただ、その主義主張、思想を他人に押し付けることだけはやめて欲しい。

4:匿名2016年1月16日 12:56 | 返信

屠殺する人たちがいるから、私達は食卓でおいしいお肉をいただけるのですよね。
感謝です。

3:匿名2015年5月 2日 07:12 | 返信

素晴らしい‼️
計算された寸分の狂いも無い動き‼️
まさに芸術的‼️

2:匿名2015年5月 1日 20:43 | 返信

おいしいお肉をありがとう。ごちそうさまでした。

1:匿名2015年5月 1日 20:29 | 返信

画像はニュージーランドからとなっている。
ニュージーランドは、捕鯨反対の主要国だ。
彼らの言い分はこうだ。牛の屠殺は一瞬で殺すから
苦しみを与えない。クジラを殺す時は、数10分以上
も苦しま絶望させる。確かにそれには反論できないが
一方では、屠殺の頭数が、比較にならない。1年に
何百万頭もの牛の屠殺の中で、失敗することもあるはずだ。
もがき苦しむ牛も少なくないだろう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?