>  > 死刑より「拘置所職員からのいじめ」を恐れる大量殺人犯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

――人を殺した人と会う。死刑囚の実像に迫るシリーズ【4】

 今月25日に最高裁で開かれる加古川7人殺害事件の被告人、藤城康孝(58)に対する上告審の判決宣告は日本の裁判史のひとつの節目になるかもしれない。というのも、現在、死刑判決を受けて上訴(控訴もしくは上告)している被告人は藤城を含めて全国に14人いるが、藤城以外の13人は09年5月に始まった裁判員裁判で裁かれている。つまり、藤城は上告を棄却されて死刑判決が確定すると、「旧裁判制度のもとで生まれた最後の死刑囚」になる公算が高い人物なのだ。

kakogawa01.JPG
藤城被告が収容されている大阪拘置所

 筆者がこの藤城と収容先の大阪拘置所で面会したのは1年半以上前のことだが、その時のことは今でも忘れがたい。

■身の毛もよだつメッタ刺しの凶行――「加古川7人殺害事件」

 兵庫県加古川市で母親と一緒に暮らしていた藤城が両隣の家で暮らす伯母や隣人ら計7人を相次いで殺害したのは04年8月2日のこと。深夜3時ころに被害者らが就寝中の家に侵入し、金づちで頭部を乱打したり、骨すき包丁でメッタ刺しにするという身の毛もよだつ凶行だった。

 さらに藤城は7人を殺害後、「事件を報じるテレビに汚い家が映らないように」という特異な考えから自宅に火を放ち、全焼させる。そして犯行後は自ら命を絶とうと車を運転して壁に激突させ、助手席に火をつける。しかしガソリンに引火して一気に燃え上がり、驚いて車から逃げ出したために警察に捕まったのだった。

■藤城康孝被告からの手紙の内容

kakogawa02.JPG
「職員からのいじめ」を訴える藤城被告の手紙

 藤城はその後、神戸地裁で09年5月、被害者らに見下されていたことなどを恨んで犯行に及んだと認められて死刑判決を受け、大阪高裁の控訴審でも死刑判決が支持された。そして現在、最高裁の判決宣告も間近に迫っているのだが、筆者が藤城に関心を抱き、取材依頼の手紙を出したのは控訴審が終わって4カ月後ほどたったころだった。ほどなく藤城から届いた返事の手紙には次のようにしたためられていた。

 〈私は今一部の職員から挑発や嫌がらせを受け続け、精神的苦痛からとてもとても片岡様の望みに応じ兼ねます。弁護士さんや視察委員会(…略…)に苦情の手紙を出すのが精一杯で、自分の裁判の事より職員からのいじめの方が気になるほどでして、誠に申し訳ありませんが、取材は辞退致したく思います。〉

 要するに取材を断られたわけだが、死刑か否かを争っている自分の裁判より気になる「職員からのいじめ」とは一体……。改めて藤城への関心を深めた筆者は「いじめのことだけでも話を聞かせてほしい」と再度手紙を出し、大阪拘置所まで面会に訪ねたのだった。

コメント

1:匿名2017年7月 5日 00:55 | 返信

虐め加害者は、屑だね
己の都合で復讐肯定したり、否定してるからこそ、自分丈は一切、証拠見せなくて良いとかほざいてますし、周囲に対しても、お前は絶対に誰からも復讐されてるとか言ったりとか
他にも色々な方法で、彼是、虐め殺したりとかしてる事も含めて
完全に誰彼構わず、遣ってる事も有り、其の分、誰からも例え、天地がひっくり返っても、尤も相応しい復讐をもされて来たじゃん
其処迄の屑風情が、正義面為るな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。