>  >  > 目玉をくり抜き、頬を切り刻む奇祭!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 世界にはさまざまな「奇祭」がある。

 町中がトマトで埋まるスペインの「トマト祭」、菜食をして身を清め、トランス状態になって火の上を飛び超えるタイの「ベジタリアン・フェスティバル」、また以前トカナでもお伝えした身体中に鉄串を刺すヒンドゥー教徒の祭り「タイプ-サム」、斬首祭り「ガディマイ・メラ(閲覧注意)」などなど――。世界各地に存在する奇祭だが、今回、ご紹介するのは、先月インド、ラージャスターン州アジュメールで6日間に渡って行われた「ウルス祭」である。


■スーフィー教の祭り「ウルス祭」

feasteyes1.JPG
スーフィー信者が「ウルス祭」で自らを痛めつける様子 画像は「YouTube」より

「ウルス祭」は約800年前にスーフィー教の創始者のひとりであるムイーヌッディーン・チシュティー師(1141年-1236年)を称える祭りだ。行者は信仰への献身を示すため、自分の眼球をナイフでえぐったり、頬を切り刻んだり、背中に鉄串を刺したり、自らの身体を痛めつける。

 スーフィー教はイスラム教の神秘主義哲学と位置付けられている。9世紀から10世紀頃に、官僚化したイスラム法学者たちの手によってイスラム諸学が厳密に体系化されはじめたため、イスラム教が日常生活から遊離したことへの反発から成立した。

 しばしばイスラム教からは批判の対象とされたが、イスラム哲学の大家でスーフィー教徒であったガザーリーらの影響により、スーフィズムはイスラム世界において一目置かれるようになったという。その後、スーフィズムはイスラムの大きな潮流となり、特にインド・東南アジアのイスラム化において大きな役割を果たしたといわれている。

feasteyes2.JPG
画像は「YouTube」より

コメント

1:匿名2015年5月15日 01:03 | 返信

キチガイ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?