>  >  > CNN取材班、幽霊に襲撃される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 米国・ペンシルバニア州にあるという、一軒の「呪われた家」――。取材に訪れたレポーターやカメラマンの目の前で、恐ろしい心霊現象が多発していたとして話題になっている。

動画は「YouTube」より

 複数の米メディアによると、問題の家は、ヨーク郡ハノーバーの閑静な住宅街に位置している。昨年の夏、大手放送局「CNN」のレポーターであるケイティ・キュロス氏は、フォトジャーナリストのニック・ペトリロ氏とカメラマンを連れて現地へ赴いた。

CNNcrew_4.jpg
画像は「CNN News」より引用

 呪われた家の所有者は、ディアナ・シンプソンさんとその夫だ。その家を7年前に購入した夫妻だが、恐ろしい現象の数々に見舞われるようになったのは、引っ越してから間もなくのことだった。どこからともなく聞こえてくる「こっちに来て……」という子どもの声と、飼ってもいないはずの犬の遠吠え。家の中を飛び回るオーブ(人魂)、そして勝手に閉まるドア。さらに彼らは、2m以上あろうかという巨大な黒い人影(シャドーマン)まで目にしてしまう。

CNNcrew_2.jpg
画像は「CNN News」より引用

 やって来た取材クルーに対し、それら心霊現象の証拠写真や映像を示しながら、「この家は霊に取り憑かれている」と必至に訴えるディアナさん。彼女の見解では、少なくとも霊は5体存在しており、その中には彼女を守ろうと振舞うものもいるが、ほとんどは攻撃的な悪霊だという。また、それらは家の地下室を棲家としているようだった。

コメント

1:匿名2015年5月23日 13:48 | 返信

一晩○○ドルで悪霊の家に宿泊できます
って宣伝すれば、儲かると思うんだけど。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。