>  > 発言を逆再生すると“無意識の声”が聞こえてくる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
5325053378_28d82f3a8b_z.jpg
画像は、Nickolai Kashirin /Headphones From Flickr/CC BY 2.0

■逆再生して浮かび上がる不可解な声

640px-Neil_Armstrong_pose.jpg
ニール・アームストロング「Wikipedia」より

 ヒトの声を録音して逆再生すると、不思議なことに、意味を成す言葉が現れてくることがある。例えば、1969年7月21日、アポロ11号の機長ニール・アームストロング氏は、 人類で初めて月面に降り立って、「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である (That's one small step for [a] man, one giant leap for mankind.)」 という名言を残した。

 しかし、この名言を逆再生してみると、

Man will space walk.(人類は宇宙遊泳する)
(上をクリックすると、実際の逆再生音が聞こえます)

という言葉が現れる。


■ロック音楽家の受難

 1980年代前半、ロック音楽はサブリミナルで若者を呪い、非行に走らせるとして世界的な大騒動に発展したことがあった。というのも、ロック音楽を逆再生してみると、不気味で悪魔的なメッセージが聞こえてきたからである。特に注目されたのは、レッド・ツェッペリンの名曲『天国への階段(Stairway to Heaven)』で、逆再生してみると、悪魔崇拝とも受け取れるメッセージがいくつも明瞭に聞こえてきたのだった。

 当時、ロック音楽の逆再生で現れるメッセージは、意図的な編集で挿入されたものだとみなされていた。1960年代後半、ビートルズはバックマスキングと呼ばれる編集・録音技術を用いて、逆再生すると隠しメッセージが聞こえてくる曲の制作を行ってきた前例があったからだ。そして、それは他のロックグループにも波及していた。そのため、レッド・ツェッペリンのメンバーたちは、数百万人の 罪なきティーンエイジャーたちを、無意識のうちに反キリストの弟子に仕立てあげる 悪魔の代理人として非難されることとなった。かつてビートルズが挿入した隠しメッセージは、決して悪魔的なものではなく、むしろかわいいものだったが、その後のレッド・ツェッペリンや他のロック音楽家の楽曲から発見された反転メッセージはそうではなかったのだ。

 ロック音楽に批判的だったキリスト教保守派は憤り、アメリカではレコード店の焼き討ち事件が発生しただけでなく、下院やカリフォルニア州議会でも取り上げられ、真剣にその危険性と対応策が議論された。

 実際のところ、ロサンゼルス郊外で13人を無差別に殺した大量暴行殺人鬼リチャード・ラミレスは、奇しくも同様に悪魔的なメッセージが含まれるAC/DCの『地獄のハイウェイ(Highway to Hell)』をいつも聞いていた。また、自分たちの楽曲『ステンド・クラス(Stained Class)』を聞いていた若者二人が自殺を図ったことで、ジューダス・プリーストは遺族から多額の慰謝料を求められたこともあった。

 ロック音楽に含まれる反転メッセージの正体とは何なのか? 本当に音楽家が意図的に含めたメッセージなのだろうか?

コメント

2:匿名2015年5月24日 16:12 | 返信

>1
同感。
誰が聞いても、たとえば質問の内容知らない人でもはっきりそう言ってるように聞こえるならまだしも。

1:匿名2015年5月24日 14:53 | 返信

こじつけ感半端ない

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。