>  > 日本人が愛したドラッグ・売春の“聖地”が消える!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
taipeisinsya2.jpg

■タイ旅行本でも有名な「台北旅社」が6月に閉鎖

 タイの首都、バンコクの中華街、通称ヤワラー地区にある安宿、台北旅社が、閉鎖されることがわかった。閉鎖の日時は当初は6月15日とされていたが、早ければ5月中にも閉鎖されるという。

 台北旅社の開業は1965年。およそ50年間の歴史に幕を降ろすことになる。台北旅社は往年の日本人旅行者に愛されたことで知られる。

taipeisinsya7.jpg

 バンコクの安宿街といえば、カオサンロードが有名であるが、同地が活性化するのは1980年代末ごろからである。それ以前は、ヤワラー地区に多くの日本人が集っていた。

 その理由は定かではないが、タイ各地への長距離列車が発着するフワランポーン駅(タイ国有鉄道の主要幹線4路線の起点として位置づけられている)へのアクセスのよさ、元祖歓楽街といえるパッポンやタニヤへの近さ、漢字があふれているのでタイ語よりは日本人にはなじみがある、といった理由が挙げられるだろう。しかし、本音を記せば“クスリ”と“オンナ”に尽きるだろう。

 現在のヤワラー地区にドラッグの匂いはあまりしないが、売春は健在だ。台北旅社周辺には立ちんぼの娼婦たちがたむろする。相場は500バーツ(約1,800円)からとバンコクの売春相場からしても、最安値をキープしている。台北旅社も一部のフロアは、時間貸しのラブホテルとなっている。

 台北旅社の宿泊料金はシングルの場合1泊450バーツ(約1,600円)。部屋には広いダブルベッドと、電気式のホットシャワー、カラーテレビ、エアコンがある。そして、毎日のシーツ交換と、お茶入れに使うお湯のサービスがある。

 ホテルには、ほぼ住み込み状態の従業員や娼婦もおり、ひとつの貧民窟のようになっている。さながら中上健次の小説で描かれる「路地」の世界である。

■都市開発で味のあるヤワラー地区の景観が失われる

taipeisinsya5.jpg

 ヤワラー地区には台北旅社以外にも、日本人旅行者が根城とするホテルが存在した。台北旅社と通りを隔てた向かい側に位置するジュライホテルは、多くの訳あり日本人が長期滞在することで知られ、その様子は、小林紀晴の『アジアン・ジャパニーズ』(情報センター出版局)や、クーロン黒沢の『バンコク電脳地獄マーケット』(徳間書店)をはじめとする一連の著作に詳しい。さらに、楽宮旅社なる安宿も存在し、谷恒生が『バンコク楽宮ホテル』(徳間書店)を著している。

 この現状についてタイに詳しい旅行ライターに話を聞いた。

関連キーワード

コメント

1:懐かしのバンコク2016年2月 6日 18:15 | 返信

以前、パックパッカーでよくタイに行きました。カオサンロードが一世風靡していた時代でしたが、1泊500円ほどの安宿と通りのカフェ、屋台で他の国の旅行者と情報交換をしたり、のんびりと過ごした時間が忘れられないです。今でもありがたい人生の思い出です。いい時代だったなあと思うのは歳を取ったということでしょうか。今はタイも高くなったと聞きます。日本の方で安宿を見つけたり、時代は変わりますね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。