>  > 川崎火災でみえた「ドヤ街事情」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

KYAN岬

,

ドヤ街

,

川崎

【事件記者が綴る暗黒のアナザーストーリー「悲劇の現象学」シリーズ】

0522kawasaki.jpg
画像は、「ANNnewsCH」動画より

 川崎市川崎区で9人の死者を出した火災。

 未明の業火で焼け落ちた建物2棟は、日雇い労働者や行き場をなくした人々が集まる、いわゆる「ドヤ」と呼ばれる簡易宿泊所だった。東京・山谷や大阪・西成ほどの知名度はないが、火災があった「日進町」も同じような「ドヤ」が集まる「ドヤ街」として知られている。

 火災の原因はいまだ明らかになっていないが、「出火直前に付近の住民が男の怒鳴り声を聞いている。男は何者かとケンカしている様子で、『ぶっ殺すぞ』『火をつけてやる』などと叫んでいたといい、放火の可能性も出てきている」(捜査関係者)。

 火元の簡易宿泊所はどんな所だったのか。

 出入り業者は、「かつては定住先のない日雇い労働者が多かったが、現在は生活保護受給者が利用者の大半を占める。トイレと風呂は共同で、3階まで3帖ほどの個室がびっしりと並んでいる。看板には『1泊2000円』とあるが、利用者の多くが長期滞在者で生活保護費から“家賃”として月額6万円程度を宿に払っている」と話す。

 付近には、こうした「ドヤ」が軒を連ねるが、そこで暮らす人々の生活は過酷だ。

「個室にエアコンはついておらず、夏はうだるように暑く、冬は寒い。テレビは課金制で、1時間100円。着替えも満足にない人が多いため、不衛生な環境で、街全体にシラミが大発生したこともあった」(事情を知る区政関係者)

 よりひどい生活を強いられているのが、「高齢者住宅」と呼ばれる施設の入居者だ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。