>  > 手術中にケータイを失くした医師!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

佐藤Kay

,

出産

,

医療ミス

,

手術

 これほどそそっかしい事件があるだろうか。誰しもスマホや携帯の置き忘れは、たまにやらかしてしまうことだが、女性患者の子宮に自分の携帯を置き忘れるドクターがいたとは……!


■手術室にケータイを持ち込んでいた医師

jordaniandoctor1.JPG
Gulf News Jordan」の記事より

 英紙「Mirror」の記事によると、ヨルダンに住むハナン・マフムード・アブドゥル・カリームさん(36歳)は、首都アンマンの私立病院で4,800グラムの元気な男の子を出産。その後無事退院したのが今年4月24日のことである。だが、ハナンさんは家に着くなり、激しい腹痛に襲われることに。まるで身体の奥からバイブレーションが伝わってくるような――。家族も「ハナンさんのお腹がプルプル震えている」ことに気づいた。

 すぐに退院した病院へ急行したハナンさんだったが、そこでは何もしてくれなかったという。母親マージダさんは「Gulf News Jordan」の取材に対して「娘は本当に酷い苦しみようでした。身体を動かすこともできないくらい!」と憤りを隠せない。

 ハナンさんは、そのままアンマン市内のアル・バシール公立病院のERへ緊急搬送された。そこで、ありえない真実を知らされることになった。レントゲンの結果、ハナンさんの腹部に、くっきりと異物の影が……ケータイ、だった。

 幸いにも、緊急手術によりハナンさんのお腹からは、無事ケータイを取り出すことに成功した。どうやら、執刀した産婦人科医が帝王切開の手術中に、誤って自分のケータイをハナンさんの腹部に落下させてしまい、そのまま置き忘れてしまったらしい。開いた口が塞がらない。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。