>  >  > 「黒柳徹子は◯◯魔」業界人が語る、徹子の意外な顔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

平田宏利

,

徹子の部屋

,

黒柳徹子

kuroyanagi_tetsuko.jpg
画像は「徹子の部屋|テレビ朝日」オフィシャルサイトより

 人気トーク番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)が、27日に放送開始から1万回を迎えたことがわかった。これを受けて、司会を務める黒柳徹子(81)は同一司会者によるテレビトーク番組最多放送のギネス認定となり話題となった。

 『徹子の部屋』の放送開始は76年2月。以降、毎週月曜から金曜まで放送されている。土日を除く、ウイークデーのお昼に放送されていた長寿番組、『笑っていいとも!』(82~14年)が8,054回、『午後は○○おもいっきりテレビ』(87~07年)が5100回で終了する中、『徹子の部屋』が記録更新を続けている。なぜ番組はここまで長く続いているのか。長寿の秘訣を探ってみよう。

 『徹子の部屋』は収録放送であるが、ほぼノーカット放送をすることで知られる。理由は「ゲストのありのままの姿を引き出すため」という目的がある。収録時間=放送時間であることも珍しくない。番組進行の肝となるのは、黒柳のテーブルの上に広げられた紙である。ここには質問事項と番組の進行がびっちりと記されている。質問事項は、スタッフが事前にゲストに対して1時間程度のヒアリングを行い、それを元に黒柳がメモを取ったものである。ある放送作家が黒柳の業界内の評判について教えてくれた。

「黒柳さんは“調査魔”として知られています。『世界ふしぎ発見!』(TBS系)の正答率が高いのもそのためです。答えを教えてもらっているのでは? と思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。事前に番組でどのようなテーマを扱うのかを知ると、文献などを駆使して徹底的に調べ上げるんです。『徹子の部屋』にも、その調査力、好奇心が生かされているのではないでしょうか」(放送作家)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。