>  > 刑務所経験者語る、自殺したくなる時と方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ごとうさとき

,

刑務所

,

自殺

ThinkstockPhotos-184218491.jpg

 2015年5月4日、滋賀刑務所内で50代の女性被告人が自殺した。同刑務所の発表によれば、女性被告人は洗面台の蛇口にタオルを引っ掛けて首を吊ったらしい。刑事施設での自殺といえば、有名な「尼崎事件」の主犯とされる角田美代子も留置場内で自殺している。留置場をはじめとする刑事施設に勾留されてしまうと、誰でも自殺したくなるモノなのだろうか? 刑事施設に詳しく、入所経験もある人物Aに聞いた。


■裁判前でも刑務所に収容されることもある?ニッポンの刑事施設事情

 そもそも、刑務所で自殺は簡単にできるものなのだろうか?

「今回の事件が起こったのは刑務所ですが、正確には刑務所内の拘置地区で『○○拘置支所』などと呼ばれる場所です。自殺したのは『被告人』ですから、刑務所に服役している人ではありません。日本では、東京拘置所や大阪拘置所みたいに、拘置所そのものが独立した施設というのは意外に少なくて、地方都市だと刑務所内に拘置地区を設けているパターンが多いですね。当然のことですが、同じ敷地内にあっても、ブロックは刑務所とは分かれています。ただ裁判所に出廷する時は、刑務所から行き来するわけですから、“気分はもう懲役囚”だとはいえるでしょう」


■ブチ込まれたら、みんな死にたくなる? 刑事施設の異常な空間!

 自殺者がいるということは、刑務所内での生活は過酷ということなのだろうか?

「生活そのものはそれほど過酷ではありませんよ。食事も三度キッチリ出ますし、睡眠時間も夜9時から朝6時半まで取られていますから、シャバで自堕落な生活を送っているよりずっと健康的です。ただ、ほとんどの人は、ある日突然逮捕されて、あれよあれよという間にブチ込まれ、同じ境遇の犯罪者(暫定)に囲まれながら(なんでオレはこんな所にいるんだ?)と思って呆然としているわけです。そして、一番死にたくなるのは、“これからのこと”を考えたときですね」

 確かにショックな出来事であるのは間違いない。

「さらに殺人や強盗、薬物関係の再犯のように“実刑でムショ行き確実”という立場では、自分が釈放されて自由になれるのが何年先かわからないわけです。最悪、死刑の可能性もあるわけですから、そりゃ死にたくなりますよ」

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。