• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

地球

,

地球温暖化

,

川口友万

,

石油

,

詐欺

0601ondanka_main.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 地球温暖化を防ぐために、温室化ガスの排出を抑制する……。1997年、京都で開かれた第3回気候変動枠組条約締約国会議において、各先進国に削減目標が掲げられ、排出量取引が定められた。

 気候変動に関する政府間パネル(以下、IPCC)によると、大気中に温室効果ガス(二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、ハロカーボン類)が増えたことが気温上昇の最大の原因で、かつ中でも二酸化炭素の影響が一番大きいとされている。また、19世紀以降の工業化で、大気中の二酸化炭素が約40%増加したため、ここから地球温暖化=二酸化炭素の増加が原因だという。

 地球が暑くなっていることに異論を挟む学者はいない。1891年から2014年の間、気温が0.7℃強も上昇しているためだ。「たったそれだけ?」と思うかもしれないが、南極でも北極でも氷は解け、海面の水位も上がっている。温暖化は明らかだ。

 では、なぜ温暖化しているのか、そこが問題なのだ。温室効果ガスが原因といわれているが、この説に関しても不可解な事件が発生している。

■温暖化の本当の原因は?

 2009年に出された環境省の発表に準拠すると、同年に英国イーストアングリア大学(UEA)に設置された独立レビュー組織(The Independent Climate Change Email Review)がハッキングされ、電子メールなどが流出する事件が起きた。一部報道によれば、この際に流出した電子メールには1900年以降に空気中の二酸化炭素が占める割合が急上昇したと、グラフが改ざんされていた(出典に間違いがあるのをわかっていて、論文に引用した)という記述があったという。これは、ウォーターゲート事件になぞらえ、クライメイトゲート事件と呼ばれている。つまりこの急上昇が本当はなかったのに、地球の温暖化をあおることで儲けようと考えた連中がいて、それに科学者も加担したというのだ。

 この事件自体は大学が調査を行い、不審な点はなかったと一応の決着を見せている。

 本当に二酸化炭素が原因で温暖化が進むのか。先に記したIPCCのデータが示しているのは、気温の上昇と同じように二酸化炭素も増えているということだけだ。つまり、詐欺だと言っている人たちは「二酸化炭素は気温上昇と関係ないんじゃないか」と考えているようだ。

 さらに、反対派は気温上昇の最大の要因が温室効果ガスの97%を占めている水蒸気だ、としている。また、地球の気候サイクルがたまたま気温上昇期に当たっているだけであり、人間の活動による二酸化炭素の上昇(これは事実だ)と気温上昇は無関係だという説も主張している。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。