>  > 【検証】週末の安田記念、競馬の裏情報はコレだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ギャンブル

,

競馬

checkmate0529.jpg

「競馬には裏情報がある」

 そんな話を聞いたことはないだろうか?

 競馬に限らず世の中にはさまざまな情報があり、政治、スポーツ、経済などほかのジャンルでも日常的に「裏情報」という言葉が聞かれている。一般的に「表」の情報とはテレビや新聞、スポーツ紙などメディアを通じて発表されるうわべだけの情報のことを指す。

「裏」情報はそういったマスコミではなく、ごく一部の関係者の中で知られている「本音の情報」を意味する。

 TwitterなどSNSの普及で競馬に関する話題が「裏情報」として拡散されることもあるが、そのほとんどは共同記者会見や取材情報の交換、共有などで得られたネタを、表現を変えて流しているに過ぎない。そもそも勝負事の競馬において、本当の情報をマスコミに公開することなど少ないのだ。日本ダービーなどG1レースで行われる共同記者会見でも、記者による当たり前の質問に対し、関係者があたりさわりのない返答をするというのが常で、多くの競馬ファンがそれを鵜呑みにしているとは考えにくい。

 ただしそのほとんどは共同記者会見や取材情報の交換、共有などで得られたネタであり、掲載される内容自体は、表現の違いはあれ、どれも同じ。そもそも勝負事の競馬において、本当の情報をマスコミに公開することなど少ないのだ。日本ダービーなどG1レースで行われる共同記者会見でも、記者による当たり前の質問に対し、関係者があたりさわりのない返答をするというのが常で、多くの競馬ファンがそれを鵜呑みにしているとは考えにくい。

 だがそれでも、競馬においてもっとも重要なのはやはり「情報」である。出走馬の本当の状態、適性、作戦、位置取りなどすべてを知ることができれば、馬券を的中させる確率は飛躍的にアップするだろう。だが残念ながら、現在の競馬マスコミに、そこまでの情報を細かく公開できる力はない。
 
 それは関係者が本音を話さないからだ。

 仮に、勝つチャンスが大きい有力馬が逃げると宣言すれば、その馬を負かすためにほかの馬が逃げて共倒れを狙うなど、さまざまな影響が起きる。また、人気薄の馬で勝負になると考えていた場合、それを公にすることで相手からマークされてしまう。さらに馬券好きの馬主が「人気にならないようにあまり強気なコメントはしないでくれ」と言えば、そのように対応する。

 こういった事情から、関係者はマスコミにでさえ本音を語らないのが実情だ。

 だが、ごく一部の競馬通のマスコミの中には、本音情報が聞ける立ち位置にいて、さらに口が堅い関係者もいる。つまり俗に言う「ここだけの話」をしっかりと持っている人物だ。しかしながら競馬関係者と接点を持たない一般人が、その裏情報を直接入手する手段はない。あるひとつの手段を除いて……。
 
 それが競馬関係者と接点を持つ情報サイトを利用することだ。

今回我々は競馬情報の中で最も重要といわれる関西馬情報を扱うチェックメイトに、競馬の裏情報、そして週末に行われる安田記念の話を聞いた。


■競馬情報ならココ!/チェックメイトインタビュー

――チェックメイトさんはどんな競馬情報を入手していますか?

チェックメイト担当者 関西馬とその関係者が一堂に会し、日々生活を送る栗東トレーニングセンターの近郊に本拠地を構え、関西馬にコミットする形で関係者のナマの声や情報をお届けし続けています。

 決して一般スポーツ紙や競馬専門紙に掲載されることのない、競馬関係者の本音や思惑を明かし、会員の皆様に一枚でも多くの的中馬券をお届けすることこそが我々の使命です。

 全国各地にくまなく散らばる当社の情報網をまとめるのは、ビワハヤヒデ・ファレノプシスといった数々の名馬を管理してきた元JRA7冠調教師「浜田光正」、騎手として日本ダービーを、調教師としてオークスを制している「清水久雄」。競馬界の頂点を極めた2名の元には、今なお現役競馬関係者の足が絶えず、現場の生きた情報が毎週届けられます。

checkmate0529-1.jpg
元JRA7冠調教師の浜田光正氏

――マスコミとの違いは?

チェックメイト担当者 先ほども「一般マスコミには載らない関係者の声」とお話しましたが、加えて私たちは『関西馬の情報』により重きを置いていることが大きな特徴といえるでしょう。

 なぜならば、競馬で関西馬と関東馬のどちらかが強いかと問われた場合、圧倒的に『関西馬』の勝利数が多いからです。

 2014年は関東馬の1455勝に対し、関西馬は2000勝。『545勝』もの差があります。3着以内まで範囲を広げると、その差は『1302』まで拡大。関西馬の方が馬券に絡む現状を単純に鑑みますと、その関西馬の情報なくして馬券は語れません。


――安田記念の展望をお願いします。

チェックメイト担当者 オークスが終了した時点で、当社の2015年GI実績は8戦6勝。桜花賞の3連単23万馬券から、堅く収まったレースまで自在に的中情報をお届けし続けています。これも決してオモテには出ない、関西馬情報であると言えるでしょう。

 ジャスタウェイが優勝した昨年も、結局は関西馬が上位を独占し3連単は37万馬券と大波乱になりましたが、馬券を買う人間なら誰しも、このような高額配当を手にしてみたいものですよね。

 今年はトライアルレースに当たる京王杯スプリングカップやマイラーズカップが軒並み、序盤からペースの上がらない展開となり、力を余して負けた馬が少なくありません。

 成績やマスコミの人気に惑わされず、「関係者の本音」を入手し、「正確な能力分析」で、馬券の的中を目指すことが最も重要です。競馬初心者の方も、まったく知らない方もしっかりサポートしますので、ぜひチェックメイトを利用していただきたいですね。


――ありがとうございました。

 現在2年連続で関西馬が優勝している安田記念。今年は出走馬18頭中13頭が関西馬と圧倒的だ(5/28現在)。チェックメイトが言う関西馬が重要というのは十分説得力があり、今年も関西馬の扱いがポイントなのは間違いないだろう。

 なお、チェックメイトではこの安田記念を含めた関西馬情報を無料で公開してくれるという。例年好配当が飛び出す今週の安田記念は、一足早い夏のボーナスをゲットするまたとないチャンス。その時はチェックメイトが教えてくれる「裏情報」が大きな武器となるはずだ。

・チェックメイト

関連キーワード