>  > キャバクラ嬢語った“夜の剛”の姿!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

キャバクラ

,

新宿スワン

,

映画

,

綾野剛

0612ayano_main.jpg
※イメージ画像:『映画「新宿スワン」OFFICIAL BOOK』講談社

 綾野剛が、ド派手な金髪でスカウトマン・白鳥龍彦役を演じた映画「新宿スワン」が大ヒット中だ。この映画の舞台は東洋一の歓楽街、新宿・歌舞伎町だが、実は映画の公開前のある時期に、綾野は歌舞伎町のキャバクラで異常な出没率を誇っていたという。歌舞伎町のとある店舗のキャバクラ嬢が綾野の素顔を明かした。

「剛くんは、だいたい事務所の社長と一緒。社長は一時期、小栗旬くんを連れ回していたときもあったみたいですけど、旬くんが結婚したから、今は剛くんを連れ回しています」(キャバクラ嬢・A)

 どうやら、社長がクラブ、「高級キャバクラで飲んでこそ、一流芸能人」だと思っているフシがあり、古き良き時代の豪快なスター像を持っているようだ。

「ただ、社長が格好いい飲み方を教えないものだから、剛くんの酒癖はよくないですね。上から目線で『お前、当然オレのこと知ってるよな?』って話し掛けてくるんですよ。ちょっと嫌な言い方ですよね。それに軽く寄ったら帰るというきれいな飲み方じゃなく、目が座って、呂律も回らず、足元もおぼつかなくなるぐらい長時間に渡り飲むんです。そして、女の子を持ち帰ろうとするんですよ。どうせ酔っ払って記憶がないんでしょうから、適当な扱いしていますけど」(キャバクラ嬢・A)

 それでも綾野はいまや超売れっ子。なびいてしまうキャバ嬢も当然いる。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。