>  > “AV界の帝王”村西とおる監督がエロスを語り尽くす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

※この記事には、卑猥な表現が多数含まれます。閲覧は自己責任でお願いします

muranishi02.jpg

 4日、AV監督・村西とおる主催のトークライブ「村西とおるのナイスな夜 ~エロスとは何でしょう~」が新宿ロフトプラスワンで行われた。

 前科7犯、借金50億、7000人の女の脚の付け根を見た、AV界の帝王と言われる村西監督が“エロス”について語るとあって、会場は150人を超える村西ファンの熱気であふれた。

 また、ゲストには荒井美恵子、玉袋筋太郎、中村うさぎ、宮台真司、という豪華な顔ぶれが出そろい、TVや雑誌では見聞きすることのできない、このイベントならではの貴重な話が飛び出した。

 今回は、そのイベントの模様と、村西監督ご本人の貴重なコメントをお届けする。


■野外セックスにおけるエロスについて

muranishi03.jpg

 まずは舞台上にトレードマークのブリーフ姿で村西監督が登場し、元ギリギリガールズの荒井美恵子とお笑い芸人・玉袋筋太郎を招く。

 そして、村西監督はこう切り出す。

「お二方、変わった所でおセックスをしたことはありますか?」

 この質問に荒井は「車の中で……話すのは、結構、恥ずかしいですね」と告白。

 次いで、玉袋はカーセックスのエピソードを披露した。

「車の中といえば、僕、窓に濃紺のスモークのついた中古のセンチュリーに乗っていたんです。その車に女性を連れ込んで、新宿のタイムパーキングでイタしていたんですよ。すると、そこは街宣車を止める駐車場だったらしくふと外を見ると、周りをすべてイカつい車に囲まれていました。ドキドキしながらコトを済ませて、外に出ると街宣車の兄ちゃんが『お前、いい車乗ってるな』と話し掛けてくるんです。心臓はバクバクですよね。ロフトプラスワンからすぐそこの所です。貴重な体験でした」

 さらに自らの体験談として、村西監督は、駅弁体位(立った姿勢の性交体位)の有効活用を説く。

「ホテルの部屋で駅弁をただイタしているだけでは、それほど興奮しないですね。女性を抱き抱えたまま、ラブホテルのロビー、廊下を疾走する。皆さんも1回やってみてください。女性はすごく燃えますよ」

 過去に村西監督は、撮影のため、横浜ベイブリッジを駅弁体位で横断したことがあるという。だが、神奈川県警の本部長直々に呼び出され、そのAV作品はあえなく途中で販売中止となってしまったそうだ。

※次ページ/中村うさぎ氏、宮台真司氏が語るエロス+村西監督“必読”独占コメント


コメント

1:匿名2015年12月22日 12:54 | 返信

前科とか借金とか女の数なんて誇れるものなのか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。