• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【バーバラ・ベークランド 近親相姦殺人事件】

Spit-roasted_lamprey0624.jpg
画像は、事件を報じた「DailyMail」より。バーバラ・ベークランド

 1981年3月20日午後、ニューヨーク市イースト川の真ん中に位置する悪名高き収監施設ライカーズ刑務所の監房で、祖母への殺人容疑で逮捕されていた男が遺体となって発見された。首から上はプラスチック製の袋でぐるぐる巻きになっており、死因は窒息死。自殺だった。

 壮絶な死を遂げたこの男の名は、トニー・ベークランド。享年35歳。曾祖父はプラスチックを発明し大金持ちとなった偉大なる科学者レオ・ベークランドという、ハイソサエティーな一族だった。

 しかし、曾祖父は素晴らしい男だったものの、生まれながらに富豪だった父親ブルックスは小説家と自称し遊び暮らす気弱な男だった。


■トニーの母・バーバラが父・ブルックスと出会うまで

 母親のバーバラは、美しい女性だった。しかし、10歳のときに父が借金を苦に車の排気ガスによる一酸化炭素中毒自殺をはかる。これが事故だと判断されたため、多額の生命保険金がおり、金には不自由なく育った。しかも、バーバラの母親は精神疾患を抱えており、安定した生活ではなかった。そしてある日、バーバラの母は、金持ちとの出会いを求めてニューヨークの高級ホテルに子どもとともに移住。すくすくと育ったバーバラは、そのたぐいまれなる美貌のおかげでモデルとして活躍するようになり、有名ファッション誌『ヴォーグ』にも採用され、社交界で引っ張りだことなった。バーバラはさらにリッチな男を捕まえるため、ハリウッド女優になろうと決心。受けたオーディションで、同じく女優志願だったコルネーリア・ベークランドと知り合い、彼女の兄のブルックスを紹介してもらったのだった。

 美しく、気高く、野心家のバーバラは、イケメンでプライドは高いが劣等感を抱いていた気の弱いブルックスこそ探し求めていた金持ちだと確信。すぐさま体の関係を結び、彼を虜にした。そして出会って数週間後には、「妊娠したみたい」と打ち明け結婚を迫り、夫婦になったのだった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?