>  > 裏DVD制作業者の危険な手口とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

traveling編集部

,

裏DVD

kamera_crime.jpg
credit:Photography is not a crime/from Flickr CC BY 2.0から

 先月14日、東京・歌舞伎町で無修正の裏DVDを販売していたとして、無職・伊戸川敏史容疑者(48)ら男4人が逮捕された。東京・東池袋にあるマンションの一室にマスターディスク約6万枚を保管。100枚買えば1枚につき99円という格安価格で販売し、昨年の夏ごろから10カ月の間に2億円を荒稼ぎしていたという。

■無修正裏DVDは、誰が撮影しているのだろうか?

 わいせつ物頒布等の罪に当たる裏DVDの販売は違法行為であるため、制作もあまり表沙汰にはされておらず、地下で行われることが多いようだ。元裏DVD制作関係者という人物に話を聞いた。

「私が働いていた制作業者では、AVに出演している女優を起用した撮影は基本的にNGでした。愛好家たちは、AVにはないリアルさを求めますからね。だから一般の女性をナンパしては撮影していたのですが、最も効率的で簡単なやり方は、酒に酔って街の路上で寝ている女性をさらって撮影することです」(元裏DVD制作関係者)

 この関係者の話によると、深夜、男数名でワゴン車に乗り込み、都内の繁華街の裏通りを徘徊。もし、路上で意識のない女性を見つけたら、介抱するふりをして、さりげなく抱きかかえて車内に運び、そのまま郊外のラブホテルへと連れていく。そして、女性が目を覚ます前に撮影を行うのだそうだ……。

 また、中には撮影マニアの一般男性によって撮影された、彼女・風俗嬢との性行為の映像が持ち込まれることもあるという。さらに盗撮モノと呼ばれるジャンルの裏映像に関しては、制作業者の女性関係者(妻、愛人、彼女など)の手によって、女風呂や女性用トイレの隠し撮りが行われるのだという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。