>  >  > モアイ像には巨大な胴体があった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
イースター島のモアイ像には巨大な胴体があった!! 背中には謎のペトログリフも!?

 南米・チリの西方沖3,200kmに位置する「イースター島(ラパ・ヌイ)」。この絶海の孤島には、887体の巨石像「モアイ」が残されている。しかし、いつ・誰が・何のために・どのようにモアイ像を作ったのか、確たる証拠は未だに存在せず、世界7不思議のひとつとして現在も諸説入り乱れている状況だ。  さて、モアイと聞いて多くの人は、海に背を向けるように整然と並んだ上半身の姿を思い浮かべるのではないだろ...