• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

人体

,

人形

,

仲田しんじ

,

,

教育

,

演劇

 子どもが大勢いる会場に横たわる全長26.5mの不気味な人形。これの頭にレンガを打ちつけると、断末魔の雄叫びをあげ、会場が震撼した――。いったい何がはじまるのかと、息を呑んで注視する幼い子どもたちと親が目撃することになる光景とは!? オーストラリアのメルボルンで、幼児教育を目的に公演されているショーが「異様すぎる!」とネット上で物議を醸している。


■驚きの子ども向け人体構造教育ショー!

 子どもに向けて人体の構造を教育する目的で公演されたこのショーは一見、かなり気味の悪いビジュアルだ。いくら教育のためとはいえ、幼い子どもが見るとトラウマになりかねないと心配してしまうのだが……。

 人形が叫び声をあげた後もショーは続き、今や瀕死の巨大な人形の股間がなにやらモゾモゾと動きはじめる……!? すると股間から頭がゆっくり突き出てきて赤ちゃんが誕生! この赤ちゃんのルックスがまた不気味で、間近で目撃した幼児が泣き出してしまったりも。

snuffpuppets1.JPG
出産シーンを目の当たりにする子どもたち 画像は「Snuff Puppets」より

 そしてこれからがショーの見せ場。母体の片方のオッパイが取れ、赤ちゃんがその乳房に抱きついた。授乳が終わると、乳房は会場のアチコチを転げまわり、時折乳首から母乳をピューっと観客の子どもたちに向かって放ち、会場は大騒ぎに! 続いて乳房が取れた胸から飛び出してきた真っ赤な“心臓”が会場で軽快にダンスを踊り出す!! この頃になると、怖いもの見たさなのか恐る恐る近づいて来る子どもたちの姿も。

 さらにブタの着ぐるみキャラが登場し、子どもたちに向かって話しはじめたのはいいのだが、今度は巨大な人形の口の部分が取れて動き出し、大きく口をあけてブタの背後に迫る。会場の子どもたちは「ほら、後ろ! 後ろ!」とブタに警戒を呼びかけ舞台は騒然!

 この後も手や足や耳、目玉といったあちこちのパーツが分離して動き回り、腹部からグロテスクな内臓が飛び出てきたり、大きなお尻の肛門から大量の大便がひねり出されたりと見所(!?)が満載。足の早いペニスが子どもたちを追いかけまわし、客席に向かって先端から液体を放つシーンすらもある! ところ狭しと、人体のボディパーツが会場を動きまわり、人々を驚きと興奮の渦に巻き込み、喝采と共にこの衝撃的なショーは大団円を迎えるのだ。