• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

「ペニスのない男(The Man With No Penis)」と題されたドキュメンタリーが先頃、ケーブルテレビチャンネルのTLCやディスカバリーチャンネルで放映され、話題沸騰中だ。「どうしてペニスがないのか? なぜペニスがないことをあえて公表したのか?」そこにはもはや隠し切れない事情があったのだ……。


■ベッドに誘わないプレイボーイ

 番組の主人公“ペニスのない男”は英・マンチェスター在住のアンドリュー・ワードル氏(40歳)だ。

 彼はプレイボーイとして知られ、これまでに100人ものガールフレンドと付き合ってきたということだが、16歳年下の現在の最愛の彼女、フェデラ・ファビアンさんと交際して7カ月がたったある日、「もうこれ以上隠し通すことはできない」と、自身の身体の秘密を告白する決断を下した。

andrewwardle1.JPG
ワードル氏とフェデラさん 画像は「YouTube」より

 この衝撃の告白を聞かされたフェデラさんはひどく動揺し、思わずワードル氏の顔を叩いてしまったという。彼女にしてみれば、別れ話の口実としてそのような嘘を口にされたと思ったのかもしれない。たしかに、そう考えるのも無理もない話だ。

 しかしワードル氏の真摯な告白にフェデラさんはすぐに態度を改め、ショックを受けつつも彼が直面している事態を冷静に受け止め、2人は恋人同士の関係を崩さずに今日に至っている。

 ワードル氏は出生時、膀胱が身体の外に出ている「膀胱外反症」という状態で生まれた。直ちに手術が行われ、膀胱を身体の内部に戻すことに成功したが、15回にも及んだ手術の過程で完全にペニスを失うことになってしまったのだ。不幸中の幸いと言えるのかどうかはわからないが、睾丸とその機能は残った。

 彼の母は養育を放棄したため、その後のワードル氏は病院の女性看護師に引き取られて育てられた。ペニスはないものの、成長とともに睾丸の発育は進み、そのせいか女性を意識し始め、多くの少女と交際をするようになっていったという。

「新しい女の子からまた別の女の子へと渡り歩いていたよ。それはよくないことだけど、“秘密”に触れられないでうまく取り繕うにはそうするしかないとその時は感じていたんだ」(ワードル氏)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?