>  >  > DNA鑑定の過信が生んだ連続凶悪犯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

Heilbronner.jpg
40件に及ぶ殺人、強盗、薬物取引に関わったとされる「ハイルブロンの怪人」は、DNA鑑定によって多言語を操る女性と推定されたが......shutterstock.com

 ドイツ南部のシュワーベン地方に、人口15万人のハイルブロン市がある。遊覧船が行き交う美しいネッカー川のさざ波。運河沿いや遊歩道でインラインスケート、サイクリング、散策を楽しむ家族たち。陽光が降り注ぐ肥沃な緑の盆地。青々としたブドウ畑の絵に描いたようなランドスケープ。中世ゴシック建築の石造りの家並み。町中を潤す噴水群の清冽さ。自然の柔らかな風合いが勤勉実直な人々の気質を育くむ静謐な町の佇まい――。

 その平和のまどろみを、一瞬にして打ち砕く殺人事件が起きる。

 2007年5月25日、道端に停車したパトカーの中で倒れていたのは、頭を撃ち抜かれた2人の警官。女性警官は死亡、男性警官は微かに息があった。手錠も拳銃(H&K P2000)も奪われていた。

 現場に残された容疑者のDNA鑑定が行われる。検出されたDNAは、1993年からドイツをはじめフランス、オーストリアなどヨーロッパ各地で頻発している、40件に及ぶ殺人、強盗、薬物取引の現場から検出されたDNAと完全に一致。捜査当局は同一犯による国際的な連続殺人事件とみなし、欧州全土に捜査網を広げた。

犯人は女性か? 言語能力に長けたマルチリンガーか?

 ドイツ警察局は、ミトコンドリアDNAの分析の結果、犯人は女性である可能性が高いと発表。東欧やロシアなどの出身者、東欧の犯罪組織や麻薬取引との関わりのある者、多言語を操る能力をもつ者と推定した。ドイツ警察は、この顔の見えない女を「ハイルブロンの怪人」と呼び、2009年1月、30万ユーロ(約4000万円)の懸賞金をかけて国際指名手配。だが、犯人の手がかりも足取りも、まったく掴めない。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。