>  > 「死なせて!」と訴える難病の5歳児

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

FSGS

,

アレルギー

,

三橋ココ

,

奇病

,

湿疹

,

難病

 モーガン・ビショップ君は、英国サリー州に住む5歳の男の子だ。モーガン君は生後4カ月の時から、歩くのもままならないほどの重い湿疹に苦しんでいる。彼は5歳の誕生日に母親のダナさんにこう言った、「もう我慢できない。ママ、僕を死なせて」。


■モーガン君の病「FSGS」

 モーガン君は、生後数カ月で多くの食物(卵、ナッツ、乳製品、大豆、バナナ、アボガド、キウイ、ジャガイモ、米、その他)と環境因子(ホコリ、洗剤等)にアレルギーを示し、またネフローゼ症候群である「FSGS: Focal Segmental Glomerulosclerosis(巣状分節性糸球体硬化症)」と診断された。

 このFSGSにかかると、腎臓が硬化し血液を濾過する事ができなくなり、腎臓からタンパク質が漏れ出てしまう。モーガン君の両親は、彼を連れていくつもの病院を訪れ、英国でできるあらゆる治療――抗がん剤と同等の強い化学療法さえも――試みたが、彼の湿疹は悪化する一方であった。


■過酷な日常生活

terribleeczema1.JPG
生後4カ月から湿疹に苦しむモーガン君 「Metro」の記事より

 モーガン君の湿疹は全身に及んでいる。特に脚と足の裏はひどくひび割れているので、彼は歩くこともままならず、症状がひどい時は車いすを使わざるをえない。湿疹が悪化した時のモーガン君の肌は、まるで大やけどをしたような状態だ。

 痛みと痒みで夜も眠れないので、モーガン君は学校に午前中だけしか登校できない。しかし、学校に行ってもヒドイ痒みのために、集中する事ができず鉛筆を握ることさえ難しい時があるという。ダナさんはまた、「モーガンは学校から帰ってきて『友達と遊ぼうとしたけれど、数歩しか歩けなかった』と言うのです」と悲しげに話す。モーガン君が友達と遊べるのは本当に稀だ。

関連キーワード

FSGS

コメント

2:匿名2015年7月29日 09:54 | 返信

1コメのやつ
どうせ特に関心もないくせにと思ったが
あーそっか夏休みか理解

1:はい2015年7月28日 10:56 | 返信

たいしたことなさそうに見えるけど
これほんとに本人?
募金詐欺じゃないの??
髪の毛はちゃんとあるし
服もきれいだし
靴下や靴も履けてる

重傷のアトピー患者をいろいろみてきたけど
彼らの中にはかきむしるせいで髪が無かったり
皮膚とこすれて服がすぐ血と体液だらけなるから
室内ではなるべく服は着ない等・

もちろんアレルギーだらけの小さな子もたくさんいる
そろでも死にたいっていう子なんていなかったよ

記事の内容にくらべて症状が軽すぎる
怪しいね


コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。