>  > 新幹線焼身自殺事故に、思わぬ波紋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

新幹線

,

焼身自殺

syoushinjisatu0702.jpg
画像は、「FNNnewsCH」より。フジテレビニュースネットワーク

 新幹線の「安全神話」が崩れ去った。

 車内で焼身自殺を図った71歳の男を含む2人が死亡し、11人が重軽傷を負う惨事となった東京発新大阪行き東海道新幹線「のぞみ225号」の放火事件。

 火災の一報があった30日、火に包まれた車両が乗り入れたJR小田原駅には、多数の報道陣が駆け付け、騒然とした雰囲気に包まれた。

 列車が駅に入る直前の同日午後3時前、カメラマンや記者がひしめく駅のホームでは、暗闘が繰り広げられていた。

 「報道陣と事態の収拾を図るJR東海の職員との間で取材をめぐる攻防が起きた。ホームには規制線が張られ、その内側で記者たちは今か今かと列車の到着を待つ。一方で、複数のJR職員がその場が混乱しないように待機し、現場は殺気立っていました」(取材に当たった夕刊紙記者)

 状況が一変したのは、「列車がまもなく到着する」という情報が流れた直後、1人のJR職員が放った一言がきっかけだった。

 「取材はできなくなりました。皆さん、ホームから降りて下さい!」

 これには報道陣が「事故の現場を取材させないというのはどういうつもりか」「ルールを守ってやっているのになぜだ!」などと猛反発。

 その後も取材の許可を求めるカメラマンが「取材できない理由を説明してほしい」と食い下がるが、職員は「広報から許可が下りていない」と不可解な理屈を持ち出すばかりで一向にらちが明かない。

 やがて、「ふざけるな」と怒りをぶつける報道陣と「あなた、どこの社ですか?」と応酬するJR職員との間で一触即発の危険なムードが漂い始める。列車到着間際になって、ようやく取材許可が下りたものの、

「現場の“仕切り”の悪さに記者たちは不満タラタラ」(先の記者)だったという。

 疑問が残る対応がみられたのは、現場だけではなかった。

「JR側は、電話で取材した記者にも『詳細は不明』『折り返し電話する』と木で鼻をくくったような物言いを繰り返していた」(別のスポーツ紙記者)

関連キーワード

コメント

6:匿名2015年7月 7日 11:03 | 返信

新幹線の安全神話というのは
新幹線の運行システムに起因する乗客の死亡事故が0というのが正解です。

乗客自身に起因する死亡事故は今回が始めてではありません。
三島駅乗客転落事故で調べてみてください。

5:匿名2015年7月 5日 10:07 | 返信

安全神話が崩れた?
誰が新幹線内で火を放つなんてとんでもないことをどうやって想定するんですか?
巻き込まれた人は新幹線の不具合ではなくて、事件ですからね?
"事故"ではなく"事件"です

4:匿名2015年7月 3日 03:42 | 返信

どうでもいいがJRの働いている人は職員じゃなくて「社員」

公務員じゃ無いんだから間違えるなと…。

3:匿名2015年7月 3日 01:34 | 返信

あんなことがあったのに動く新幹線がすごいし、乗客は誰も非常ドアを開けず冷静だったって言われてるのを聞くと、むしろ安全神話は補強されたのではないかな。なんか、かっこいいからって理由で言ってみた感あるのは自分だけかな。

2:匿名 2015年7月 3日 00:51 | 返信

新幹線に欠陥があって事故起こした訳でもないのに 安全神話が崩れ去った とか何言ってんだ

1:匿名B2015年7月 2日 22:51 | 返信

マスゴミって自分のこと、正義の味方かなんかと思ってるみたい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。