>  >  > 大御所作家たちをも悩ませる出版印税事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:作家, 印税, 平田宏利, 柳美里
柳美里だけではない!? 純文学作家たちの“生きていけない”印税年収

『週刊SPA!』6月30日・7月7日合併号(扶桑社)の「年収500万円が最も幸せだった」特集に、作家の柳美里のインタビュー記事が掲載されている。記事では、最盛期に1億円ほどあった収入が現在は500万円程度であることが明かされた。鎌倉の一軒家を売り払い、今年4月から福島県南相馬市に移住、家賃6万円の借家住まいであるという。  柳美里といえば、昨年10月に雑誌『創』(創出版)の連載原稿料未払いを...

人気連載

ポール・オースターファンはなぜ“狂気の”ジャベスを知らないのか?

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...

震災後の自主規制はいつまで続く? 今年の3.11、テレ東も放送映画を変更していた…

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...