>  >  > のりピーの覚せい剤使用を立証した方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

SAKAINORIKO.jpg
覚醒剤を吸引したガラスパイプに付着した唾液のDNA型と一致し......shutterstock.com

 「被告人を懲役1年6カ月に処す。この裁判が確定した日から、3年間、その刑の執行を猶予する。東京地方検察庁で保管中の覚醒剤を没収する」

 2009年11月、酒井法子は、覚醒剤取締法違反の有罪判決を受ける。控訴しなかったため、刑は確定した。

 起訴状によると、酒井は2009年7月30日、鹿児島県奄美大島のホテルで、夫が用意したガラスパイプの中の覚醒剤を火であぶり、煙を吸引。さらに8月3日、東京都内の自宅で、ガラスパイプの中に残った覚醒剤0.008gを保管・所持。覚醒剤への親和性や執着心を追及された。

 10月26日の初公判、酒井は起訴状を全面的に認める。4年前に夫に勧められて覚醒剤を初めて使用。2008年の夏頃からは月1回から数回程度、夫と共に使用。常習性や依存性を指摘される。「自分が未熟だった。生活のリズムが崩れ、肉体的・精神的に疲れていた」と動機を漏らしつつ、「夫と離婚して覚醒剤を断ち切りたい。芸能界を引退し、介護の仕事をやりたい」と再起に賭けた。

なぜ酒井のDNA型が判明したのか?

 8月3日、酒井の夫が覚醒剤の所持で現行犯逮捕されると、酒井は任意同行を拒否。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。