>  > 人口30人の村で「500人乱交フェス」開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 今年もやって来た“夏フェス”の季節。日本の場合、本番は梅雨が明けてからというイメージが強いが、6月から夏休みがはじまる欧米では、一足先にシーズン真っ盛りに突入している。夏フェスと聞いて多くの人が思い浮かべるのは、若者のための音楽イベントの光景だろう。しかし先週末、イギリスでは酒池肉林の“乱交フェスティバル”が開催されていたという。

Swingfields.jpg
画像は「The Telegraph」より

 英紙「The Telegraph」などが伝えたところによると、問題の乱交フェスティバルとは、その名も「Swingfields 2015」。(腰を)振る=“乱交”を意味する言葉“Swing”と、“Springfields”をかけた造語と思われる。この性の祭典が、今月2日(木)から4日(土)にかけて、グロスターシャー州の広大な森(ディーンの森)にあるフラクスリー村で開催されたのだ。

 フェスティバルの会場には、大音量で音楽が響き続ける大型テントが設置され、周囲にはシャワーやサウナ、プール、そして大人のおもちゃを販売するブースまでもが用意されている。参加者たちは木曜日からキャンピングカーなどの自家用車で乗りつけ、そこでの3日間を本能の赴くままに過ごしたというわけだ。

 しかし、この乱交フェスティバルの開催に激怒したのが、フラクスリー村の住民たちだった。そもそも「ディーンの森」は“聖なる泉”が湧き、12世紀に建てられた修道院も存在する神聖な森。かの『ハリー・ポッター』にも登場する由緒正しい土地柄なのだ。約30人の住民しかいない小さなフラクスリー村だが、そこに500人以上が押しかけ、夜な夜な乱交を繰り広げる――。村人たちの平和で穏やかな週末は、一瞬にして地獄へと変貌を遂げた。

「(人々の喘ぎ声や爆音で)木曜日から4時間しか寝られなかった」
「主催者に静かにするよう抗議しても変わらず、警察も動いてくれない」
「会場のそばまで行ったとき、本当にショックを受けました。単なる音楽イベントではなかったのです」
「あまりにやりすぎです。この土地には相応しくない」

 村人たちは、一様に怒りの声を上げている。さらに、こっそりフェスティバルに参加しようとする人間が、村人宅に不法侵入するケースも発生していたという。

コメント

3:匿名2017年6月21日 13:21 | 返信

警察はなんで動かなかったの

2:匿名2015年8月18日 13:00 | 返信

気持ち悪い

1:匿名2015年8月16日 01:51 | 返信

イギリス人て、こんな下品な事するの?
こんなに民度低いと思ってなくて失望した。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。