>  >  > バツ3チャップリンの父権認知訴訟の結果は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

Chaplin.jpg
チャップリンは生涯で4回、結婚しているが、妻はいずれも10代!

 「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ」――。社会風刺とユーモア、庶民の哀愁と怒り、涙と笑い。戦禍に痛手を負った人々の胸に希望を灯したチャールズ・スペンサー・チャップリンは、「人生は欲望さ。すべてのものに欲望がある。欲望があるから、バラはバラらしく咲き、岩は岩でありたいと頑張っている」という言葉も残している。

 だが、10代のうら若き女性への愛着心がことさら強かったのか、4回の結婚、3回の離婚を繰り返す。ポーラ・ネグリ、ジョージア・ヘイル、マリオン・デイヴィスなど、数知れない女優たちと浮き名を流した華々しい女性遍歴。「愛というものは、最も美しい欲求不満だ。いつでもロマンスと冒険にあこがれている」――。

 初婚は1918年(28歳)。相手はミルドレッド・ハリス(16歳)。2年後に離婚。2度目の結婚は1924年(34歳)。相手はリタ・グレイ(16歳)。2子をもうけて3年後に離婚。3度目の結婚は1936年(46歳)。相手はポーレット・ゴダード(19歳)。6年後に離婚。4度目の結婚は1943年(53歳)。相手は劇作家ユージン・オニールの娘ウーナ(18歳)。ウーナとは生涯連れ添い、8子をもうけた。

女優のジョーン・バレイとの父権認知訴訟

 女優のジョーン・バレイ(22歳)は、1941年6月、チャップリンに雇用されるが、人間関係がしっくり行かず、翌年5月、チャップリンが契約を一方的に破棄。12月、ジョーンは拳銃を所持してチャップリン邸に押し入る。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。