>  >  > 血液や臓器の適切な棄て方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

tsutsumi001.jpg

問題が多いホルマリン固定した臓器の処分shutterstock.com

 医療機関からは、検体や臓器などの"医療ゴミ"が大量に発生する。もちろん、これには一般と異なる処理が求められる。ところが、この処理については、医学的な感染のリスクだけでなく、倫理的な問題や法的な解釈、現実的な処理の実態など、考えるべき課題は多い。

 病理学的検索が終わった生体材料は、必ず廃棄処分されなくてはならず、その際に「倫理的問題」が積み残されてはいけない。これは、生体材料の「所有権」の帰属にも関わるため、適切な説明を行った後、廃棄についてのきちんとした同意書を作成することが必要だ。

 臓器や血液については、その所有権が問題となり得るが、尿や便などの排泄物に関する所有権意識は、一般に希薄だ。私が勤務する藤田保健衛生大学(愛知県)では、血液・尿の目的外の使用について、説明書と同意書を準備して運用している。標本の「所有権」の問題に関連しては、検体・臓器から被写体を選んだ写真、特に肉眼で確認できる写真の所有権問題も、クリアしておくべき課題である。

医療ゴミから感染? 焼却処分で滅菌処理必要か

 一般に、体液や血液、滲出液が付いた"医療ゴミ"は、現行法である「廃棄物処理法=廃掃法」の下では「感染性廃棄物」とみなされる。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。