>  >  > 13歳の時祖父からレイプされ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 1989年12月1日。サンシャイン・スーテトとして知られるフロリダ州のビーチの近くで、一台の車が乗り捨てられているのが発見された。誰の車なのか身分証明書などはなく、綺麗に拭かれていたため指紋も採取できず。怪しさ満点な事件だったが、地元警察は単なる失踪事件として処理した。フロリダは世界中から人が集まる場所であり、人生をリセットしようと何もかも捨てて姿をくらます人が少なくなかったからだ。

 13日、車が発見された8キロ先のビーチで車の所持者とみられる死体が発見された。亜熱帯気候のこの土地では死体の腐敗の進みが早く、また虫が多いため数日で原型をとどめないほど崩れてしまう。発見された遺体も酷い状態だったため、監察医はマニュアルにそって手首を切断し科学捜査班に送った。遺体はすぐに51歳の離婚歴がある電気工のリチャード・マロリーだと判明。22口径の拳銃で4発撃たれて殺されたことも判明した。財布などがなかったことから警察は物取り目的の犯行だろうと推測。犯人に繋がる手がかりがなかったため事件はすぐにコールドになってしまった。


■珍しい凶器

aileengun.jpg
実際に使用された銃「murder pedia」より

 しかしその後、3カ月の間に3人の男性が殺されるという事件が発生。43歳で離婚歴のある重機オペレーターのデイヴィッド・スピアーズ、40歳で近日中に結婚する予定だったロデオライダーのチャールズ・キャルズカドゥーン、50歳で暖かい家庭を持つトラック運転手のトロイ・バーレス。リチャードと、この3人の殺人事件に共通していたのは、22口径の拳銃で殺されたこと。22口径は女性が護身用に購入することが多い銃で、殺人事件の凶器になることは滅多にないため、警察の目をひいた。ほかにも、車から出たところを撃たれていること、運転席の椅子が前向き気味になっていることから犯人に外に出ろと脅されたのではないかということ、車のナンバープレートが外されていたこと、被害者は全員中年の白人男性であることなどの類似点があった。1990年5月19日、既婚者で56歳になる元警察署長/児童福祉官のチャールズ・ハンフリーズが、5人と同じように殺害されたのを受けて、警察は同一犯による連続殺人事件として捜査を開始した。

 被害者の中にはズボンが緩んでいた者がいたこと、現場近くにコンドームが落ちていたケースがあったこと、そして凶器が22口径拳銃だったことから警察はすぐに娼婦の仕業ではないかと睨んだ。しかし、車の中は綺麗に拭かれていたため指紋は採取することができず。事件現場から容疑者の手がかりを得ることはできなかった。

 そんな中、警察は自損事故を起こし放置された状態で発見された一台の車に警察は注目した。車の所有者は行方不明になっている65歳でキリスト教伝統師のピーター・シームズ。事故を起こして失踪するような男ではない。警察は、ピーターが連続殺人事件の被害者タイプにぴったり当てはまることから、犯人は彼を殺害した後、車を盗難したと睨んだ。車の中には事故時に負傷したものと思われる血痕のついた指紋が残されていた。また、車が放置されていた近くの住民が庭の水道蛇口から手や顔を洗う女を目撃したと証言。2つの似顔絵も作ることができ、容疑者逮捕に一歩近づいたと警察は喜んだ。

コメント

1:匿名2017年9月25日 23:26 | 返信

あのー記事がおかしいので指摘させていただきます。何故殺人鬼を女性呼ばわりして殺された方だけ男呼ばわりなのでしょうか?
これ差別ですよね?すぐに記事の編集をお願い致します。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?