>  > 「容疑者は霊に…」森本敏氏失言か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

乳児5遺体遺棄事件

,

森本敏

,

51WXATENCCL.jpg
画像は、『森本敏の眼―日本の防衛と安全保障政策』(グラフ社)

 21日放送の「ミヤネ屋」(日本テレビ系)で拓殖大学教授の森本敏氏が、愛媛県で発覚した乳児5人を遺棄した事件について、司会の宮根誠司にコメントを求められた。すると、

「ただ、私は不思議に思うのは…。通常、こういう場合、おそらく本人は、すごく『霊』に苦しめられると思うんですよね…」
「亡くなった子どもたちの御霊(みたま)に(苦しめられて)」
「普通は夜、寝れないとか、色んな『霊』に悩まされて。それがよく耐えられるなあっていう。それを不思議に思いますよね」

 ……と、“通常5人も乳児を遺棄していたら、霊に苦しめられているはず”と発言。即座にニュースとして取り上げられ、インターネットでも「放送して大丈夫か?」など、発言を不安視する声があがった。森本氏とえいば、元防衛大臣で防衛問題のスペシャリストとして、安保法制論議でも度々見かける人物。著名な論客がオカルト的な発言をするのは珍しいことだが、森本氏に何か“目覚める”きっかけなどあったのだろうか? 軍事関係に詳しいジャーナリストに聞いた。

「目覚めるもなにも、軍事関係者はみな、大なり小なり霊を信じています。UFOや超科学現象に関して造詣が深い元幹部自衛官・軍事評論家の佐藤守氏はそのオカルトへの熱意を公の場で発表していますが、ほかの方も例外ではありません。飲みに行けばみなペラペラしゃべる。軍事関係者の間で霊の話はテッパンです」

 では、なぜ霊なのか?

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。