>  >  > 【去勢映画】父が息子にペニス移植

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

キム・ギドク

,

ペニス

,

メビウス

,

去勢

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!


【今回の映画『メビウス』】

815mhMNeDnL._SL1500_.jpg
画像は、『メビウス』(キングレコード)

 人一倍性欲が強いと自負する韓国映画界の巨匠、キム・ギドク監督。彼が「性欲の根源である性器がなくなると、男はどう行動するのか」という、男子なら想像したくもない発想を映像化した作品、それが世界中に衝撃を与えた『メビウス』だ。作品は2013年のヴェネツィア国際映画祭で上映され、国内外で賛否両論の物議を醸した。一般公開においては過激な性表現は編集を余儀なくされ、2014年の日本公開では「児童ポルノ禁止法」に抵触するシーンが問題視された。

 ちなみに作品には一切台詞がなく、登場人物の名前すらない。<全編セリフ無しで饒舌に語られる「性」「家族」「人間」>とは、配給の宣伝部も上手いことを言う。それだけに役者のハードルは高いわけだが、彼らはこれを見事にクリアし、修羅の家族を演じ切った。


■あらすじ/切断されたペニスをめぐって

 若い女と浮気する夫が原因で、夫婦の諍いが絶えない家庭。ある晩、思春期真っ盛りの15歳の息子は、見てしまった父親と女のカーセックスをオカズに自慰に耽る。そこを覗き見した母親はショックで狂い、スッキリして寝ている息子のペニスを切断! 母親は狂気の表情を浮かべ、切り取った息子のペニスを夫の目の前で飲み込む。

 母親はそのまま失踪。父親はこうなったのも自分のせいと悔い改め、浮気相手と決別。病院に行き自分のペニスも取ってしまう。息子は同級生達にパンツを下ろされるイジメを受け、不登校となる。
父親の浮気相手は息子まで誘惑するビッチぶりだが、不良グループに輪姦される。居合わせた息子も強姦容疑で警察に連行されるが、ペニスがないことを嘲笑した不良のボスを手錠で殴打して大怪我させ、鑑別所送りとなる。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?